ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360

電池ケースの電極板のモデリング その3

引き続き、Fusion360を使用した電池ケースのモデリングです。3つ目の電極板を作成します。

DINレールをFusion360でモデリングする

DINレールは、ブレーカーなどの配電部品をネジ止めせずにクリップで固定するためのレールです。アルミ製、スチール製、樹脂製の製品が存在します。 DINレールと溝付ベアリングを使って、リニアスライドを作成し、これを利用し、3Dプリンタを改造している方の…

電極板と電極のバネをアセンブリしてサブアセンブリを作成する

モデリングした電極板にバネをアセンブリして、サブアセンブリを作成します。コイルばねは、中心に、ジョインとの原点が、自動で発生しないので、明示的にジョイントの原点を設置しないと配置できません。

電池ケースの電極板のモデリング その2

電池ケースの電極をパッチ作業スペースで、サーフェスモデリングを使ってモデリングします。

Fusion360で、追加されたシートメタル作業スペースでモデリングしてみる

Fusion360で、追加されたシートメタル作業スペースで、円柱の繋いだ形状を作成し、その円柱を展開する操作

じょうご型の板金展開について考える

無料で使える3D-CADのFusion360やFreeCADでは、シートメタルの機能が存在するのですが、円錐形の展開については、どうやって操作したら良いかよくわからないので、シートメタルの展開機能を使わずに展開図面を考えることにしました。

電池ケースの電極板のモデリング その1

引き続き、電池ケースのモデリングです。ここでは、電極板を作成します、Fsuion360には、シートメタル作業スペースが新たに追加されましたが、ここでは、バッチ作業スペースでモデリングを行います。

Fusion360で、電池ケースのスプリングをモデリングする。

前回、プラスチック部分をモデリングしたので、今回は、電極に使用するスプリングをモデリングします。

Fusion360で、LEDライト、単4☓3バッテリーケースをモデリングする。その1 樹脂部分

単4電池3本で点灯するタイプのLEDライトでよくつかわれているバッテリーケースの樹脂部分をFusion360でモデリングします。

Fusion360で、液体調味料入れの注ぎ口のパイプをモデリングする

Fusion360で、液体調味料入れをモデリングする続きです。 これまでに、ボトル、蓋とモデリングしてきました。今回は、注ぎ口をモデリングします。 kukekko.hatenablog.com kukekko.hatenablog.com ファイルメニューをクリックして、新規デザインを選択します…

液体調味料入れの蓋をモデリングする

液ダレしないというキャッチコピーの液体調味料入れを購入しました。ウスターソースを入れる予定です。使用する前に、せっかく?なのでFusion360でモデリングしたいと思います。

炭素繊維強化プラスチックの切断方法

航空機材料で有名な炭素繊維強化プラスチックですが、実際に扱う場合には、意外と面倒です。その最たるものが切断です。 炭素繊維強化プラスチック版を購入し、それを切断して使用するのですが、これがまた切りにくいのです。

ステンコロリンって何?

インターネットを目的もなく見ていたら「ステンコロリン」という単語が目に止まった。 なんだろと調べると切削油でした。 www.r-got.com 切削油は、ホームセンターでは、扱いが無い場合がほとんどなので、難削材に穴を開ける際に便利かと思いました。

液体調味料入れのボトルをFuion360でモデリングする

液ダレしないというキャッチコピーの液体調味料入れを購入しました。ウスターソースを入れる予定です。使用する前に、せっかく?なのでFusion360でモデリングしたいと思います。

Fusion360で乾電池をモデリングする

モデリング自体は、それほど難しくないけれど、モデリングしたくない。めんどくさいと思わせる形状が存在します。 そこは、本来、パーツライブラリーを使用するところだと思います。形状が簡単である故、パーツライブラリーを検索するのも、ユーザー登録する…

Fusion360で、アルキメデス双対の一種、菱形三十面体をモデリングする

3D-CADのFusion360で、モデリング対象物を探して多面体を調べていると アルキメデス双対(Archimedean dual)や カタランの立体 (Catalan solid)と呼ばれる興味深い形状を見つけたので さっそくその中の菱形三十面体(りょうけいさんじゅうめんたい、rhombic t…

Fusion360で、正二十面体をモデリングする。

正二十面体は、正三角形 20枚で構成されています。パッチ作業スペースで、モデリングします。

Fusion360で正八面体をモデリングする

正八面体は、正三角形 8枚で構成されています。パッチ作業スペースで、モデリングします。

Fusion360で正四面体をモデリングする。

正4面体は、正三角形 4枚で構成されています。 3D-CADは、x、y、zの基準軸方向以外の角度を持つ形状は、モデリングが難しくなります。 数値を指定するほうでは、小数点以下の誤差から、うまくモデリングできないことがあります。 そこで、パッチ作業スペース…

3D-CAD Fusion360で、ダイヤモンドカット、ハート&キューピッドをモデリングする。

多面体のモデリングの延長として、3D-CADでタイヤモンドのブリリアンカットをモデリングしたいと考えました。 ブリリアンカットの寸法指定データは、見つけられなかったのですが、 ハート&キューピッドというカットについての寸法指定指定データの描かれた…

Fusion360で、斜方立方八面体をモデリングする

斜方立方八面体は、正三角形 8枚、正方形 6+12枚で構成されています。 パッチ作業スペースで、2つの面を作成して、2つの軸を利用して、パターン複写でモデリングします。

Fusion360で、切頂十二面体をモデリングする

切頂十二面体は、正三角形 20枚、正十角形 12枚で構成されています。 パッチ作業スペースで、2つの面を作成して、2つの軸を利用して、パターン複写でモデリングします。

Fusion360で、切頂四面体をモデリングする

切頂四面体は、正三角形 4枚、正六角形 4枚で構成されています。 パッチ作業スペースで、2つの面を作成して、2つの軸を利用して、パターン複写でモデリングします。

Fusion360で、半正多面体の切頂六面体をモデリングします。

切頂六面体は、 正三角形 8枚 正八角形 6枚 で構成されています。

Fusion360で、半正多面体の切頂八面体をモデリングする。

Fusion360で、多面体をモデリングしています。Fusion360を使った多面体のモデリング、 一度、モデリング方法が見つかれば、モデリングは面倒ですが、簡単です。 それなのに何か面白いです。興味のツボに入りました。 こうなると、コンプリート欲求がムクムク…

Fusion360で、モデリングした正多面体、半正多面体、準正多面体の一覧

Fusion360で、モデリングした正多面体、半正多面体の一覧のまとめ記事です。 まだ、少ししかモデリングしていないのに、どれをモデリングしたかわからなくなってきたので、この記事にまとめることにしました。

Fusion360で立方八面体をモデリングする

立方八面体は、正三角形が8枚、正方形が6枚で構成されています。 パッチ作業スペースで、2つの面を作成して、2つの軸を利用して、パターン複写でモデリングします。

Fusion360で、半正多面体の20・12面体をモデリングする

前回に引き続き、半正多面体をモデリングします。20・12面体は、正3角形20枚、正5角形12枚から構成されています。これまでと同様、パッチ作業スペースで作成し、最後に、ソリッドモデルに変換します。

サッカーボールな半正多面体、切頂20面体をFusion360でモデリングする

前回、Fusion360で、正20面体がモデリングできたので、サッカーボールな半正多面体、切頂20面体をモデリングしてみようと思います。 kukekko.hatenablog.com 切頂20面体は、正5角形が12面、正6角形が20面で構成されています。 では、モデリングしてみます。

Fusion360で正12面体をモデリングする

3D-CADでは、斜めの平面を持つ形状はモデリングが困難です。そのため、正多面体などの斜めの平面が組み合わされて構成された形状は、どうモデリングしたらいいか考えてしまいます。 コロンブスの卵のようなものですので、解法が思いつくかつかないかで、モデ…