読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その8:分割した部品を組み立てる

広告

分割した4つの部品を組み立てて、ワインオープナーを完成させます。

 

ジョイントが動作する状態で、アセンブリできました。

 

フレーム 口 アーム 軸

新しいデザインを、名前を付けて保存します

保存します

フレームを追加します。フレームを基準にするので、そのまま、OKをクリックします。

フレームを追加します。フレームを基準にするので、そのまま、OKをクリックします。

フレームを基準にするので、固定します。

フレームを基準にするので、固定します。

口を追加します。位置はあっているので、そのままOKをクリックします。

口を追加します。位置はあっているので、そのままOKをクリックします。

アセンブリドロップダウンより、位置固定ジョイントを選択します。

アセンブリドロップダウンより、位置固定ジョイントを選択します。

ブラウザで、位置を固定するコンポーネントを選択します。

ブラウザで、位置を固定するコンポーネントを選択します。

アームを追加します。ジョイントが設定しやすいように、離して設置します。

アームを追加します。ジョイントが設定しやすいように、離して設置します。

ブラウザで、フレームを展開し、ジョイントの原点を表示します。

ブラウザで、フレームを展開し、ジョイントの原点を表示します。

ジョイントの原点が表示されます。

ジョイントの原点が表示されます。

ジョイントの原点は、こちらの記事で設定しています。

ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その3:アーム - ドローイング空間

アセンブリドロップダウンから、ジョイントを選択します。

アセンブリドロップダウンから、ジョイントを選択します。

アームの穴の中心を選択します。

アームの穴の中心を選択します。

フレームのジョイントの原点を選択します。

フレームのジョイントの原点を選択します。

回転ジョイントを設定します。

回転ジョイントを設定します。

アームをドラッグして動くことを確認します。

アームをドラッグして動くことを確認します。

もう一方のアームを追加し、同じように、ジョイントを設定します。

もう一方のアームを追加し、同じように、ジョイントを設定します。

アームを対象に動かしたいので、モーションリンクを設定します。

アセンブリドロップダウンから、モーションリンクを選択します。

アセンブリドロップダウンから、モーションリンクを選択します。

両方のアームを選択し、片方の角度を180に設定します。180度に設定した右側のアームの動作は、意図した動作になりました。

両方のアームを選択し、片方の角度を180に設定します。180度に設定した右側のアームの動作は、意図した動作になりました。

そこで、両方とも180度に設定すると、360度設定の時と同じ動作になりました。 この角度は、動作範囲の制限と思ったのですが、違うようです。両方とも360度にしておきます。

両方とも180度に設定すると、360度設定の時と同じ動作になりました

片側のアームを動かすともう一方のアームも動くようになりました。

片側のアームを動かすともう一方のアームも動くようになりました。

片側のアームを動かすともう一方のアームも動くようになりました。

片側のアームを動かすともう一方のアームも動くようになりました。

アセンブリドロップダウンから、ジョイントを選択します。

アセンブリドロップダウンから、ジョイントを選択します。

軸の中心を指定します。

軸の中心を指定します。

シリンダの中心を指定します。

シリンダの中心を指定します。

円柱状ジョイントを設定します。

円柱状ジョイントを設定します。

ジョイントが動作する状態で、アセンブリできました。

ジョイントが動作する状態で、アセンブリできました。

接触セットをHelpの情報を参考に設定します。

「接触セット(Contact Sets)」を翻訳する。Fusion360ヘルプ - ドローイング空間

検査ドロップダウンから、「断面解析」を選択します。

検査ドロップダウンから、「断面解析」を選択します。

面を選択してOKをクリックします。

面を選択してOKをクリックします。

ブラウザに、解析の項目が作成され、その中に、断面1が作成されます。断面表示を終了するときは、この断面1の表示を非表示にします。

ブラウザに、解析の項目が作成され、その中に、断面1が作成されます。断面表示を終了するときは、この断面1の表示を非表示にします。

アセンブリドロップダウンより、接触セットを有効化をクリックします。

アセンブリドロップダウンより、接触セットを有効化をクリックします。

接触セットの項目は、ブラウザに表示されます。

接触セットの項目は、ブラウザに表示されます。

アセンブリドロップダウンから、「新規接触セット」を選択します。

アセンブリドロップダウンから、「新規接触セット」を選択します。

片側の軸とアームを選択します。

片側の軸とアームを選択します。

アームを動かしてみますが、私の環境では、実用的な速度では動作しません。 アームと軸の距離が離れすぎているのか、軸も少ししか動きません。

アームを動かしてみますが、私の環境では、実用的な速度では動作しません。 アームと軸の距離が離れすぎているのか、軸も少ししか動きません。

これで終了します。