読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「適切なジョイントの位置を選択する:Choose the Appropriate Joint Location」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

英語での説明のビデオチュートリアルです。映像だけで雰囲気は、理解できます。 ページの下に、ナレーションの英文が掲載されているので、 ピデオ内で、聞き取れない場合は、英文を読めば、なんとか、理解できます。

ジョイントをどのように配置するかの紹介です。

 

翻訳

適切なジョイントの位置を選択する

Choose the Appropriate Joint Location

このビデオは、ジョイントの基点を、どのように配置するかを説明します。鍵となる概念と最も良い練習が含まれています。:

  • ジョイントの基点の方向は、入力ジオメトリーによって制御されます。
  • ジョイントの基点をどのように配置するか
  • 面に表示されたシンボルを定義します
  • ジョイントの基点を配置するために、面に固定します。

長さ:2:57

コピー

Transcript

2つのコンポーネントの間に、ジョイントを作成すると、方向と2つのジョイントの基点の位置は、 それらがお互いに、どのように関連するかを決定します。

どの位置にジョイントの基点を設定するかで、ジョイントの位置関係が決まります

ジョイントの基点の方向は、面、稜線や点の入力ジオメトリーによって制御されます。 面にマウスカーソルを重ねると、その面に一致させるために、二次元の円盤になるでしょう。

面にマウスカーソルを重ねると、その面一致する、二次元の円盤になります

私が、異なる入力面にカーソルを重ねると、ディスクは、再適合し、その面に整列します。 れは、適切に、ジョイントの基点を配置するために重要です。 入力ジオメトリーとして、稜線を使用するとき、円盤は、配向されるでしょう。 それで、稜線それ自身は、ディスクの平面に、垂直です。

ジョイントの基点に配置するために、スナップした場所で選択するとき、 Fusion 360は、それらのタイプに依存してスナップポイントを異なる形状を作成します。

ジョイントの基点のアイコンは、スナップポイントに合わせた異なる形状に変化します

頂点は、点で表示されます。

頂点は、点で表示されます。

中点は、三角形で表示されます。

中点は、三角形で表示されます

円と円弧の中心は、プラス記号で表示されます。そして、

円と円弧の中心は、プラス記号で表示されます

ボディの重心は、正方形で表示されます。

この例では、このクランクシャフトの円筒形の一番上の面では、いくつかの異なるスナップ・ポイントが表示されます。 円として表示される円形の稜線の端に、頂点があります。三角形は、円形状と直線状の稜線の中点に沿って表示されます。 円形の中心は、プラス記号で表示されます。そして、その右側には、四角形で、表示される面の重心があります。

円筒形の際のスナップポイント

ここで、私は、ジョイントの位置を選択をするとき、1つの特別な状況を示したいと思います。: 円筒形の面の軸にそって点を選択します。 Fusion 360は、この軸に沿って、両方の端点で、そして、中点で、スナップ・ポイントを自動的に作成します。これは、お互いに円筒形状を、とても簡単に中央揃えすることができます。 

Ctrlキーを押して、円筒形の中心をスナップ

それが、さらに、より簡単に、これらの場所を選択するためには、 あなたは、入力ジオメトリーとして、円筒形の面を固定することができます。 Macユーザーのための「コントロールの」キー、あるいは、「コマンド」を押し続けることによって、 そして、これらの場所のどこでも選択することができます。

それらが、外部のジオメトリーの背後に配置されるとき、 これは、これらの場所を選択するために、モデルを回転させるが必要なくなります。 これは、円筒形の面を使用して、ジョイントを作成が、はるかに速くなります。

円筒形のジョイントを設定する

コンポーネントで、ジョイントの位置を選択するときはいつでも、 それが、他のコンポーネント上で、他の指定された場所にスナップされることに注意してください。 これは、正しい位置を選択するために、コンポーネントの面と稜線に沿って、 スナップ・ポイント記号を利用することは、極めて重要です。

次のレッスンでは、私たちは、ジョイントの基点を、どのように配置するかを、あなたに紹介します。

親のトピック:アセンブリ

「アセンブリ Assemblies」Fusion360ヘルプを翻訳する - ドローイング空間