読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その5:スクリュー

広告

スクリューは、機能が存在するので簡単に作成できますが、末端の処理は、自分で、工夫する必要があります。

スクリュー

 

軸と原点を表示させます。基準平面は非表示にします。

軸と原点を表示させます。基準平面は非表示にします。

作成ドロップダウンから、コイルを選択します。

作成ドロップダウンから、コイルを選択します。

平面を選択します。

平面を選択します。

コイルの直径を指定します。

コイルの直径を指定します。

コイルを作成します。

コイルを作成します。

同じようにコイルを作成します。

同じようにコイルを作成します。

作成ドロップダウンのパターンから、円形状パターンを選択します

作成ドロップダウンのパターンから、円形状パターンを選択します

回転パターンを作成します。

回転パターンを作成します。

元のコンポーネントを非表示にします。

元のコンポーネントを非表示にします。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

ロフトで、コイルの端部の尖った形状を作成しようとしたのですが、コイルの稜線は、Railsとして使用できません。

ロフトで、コイルの端部の尖った形状を作成しようとしたのですが、コイルの稜線は、Railsとして使用できません。

そこで、傾斜平面を複数作成し、そこに、大きさの異なる円を描き、ロフトで接続することを考えました。

構築ドロップダウンから、傾斜平面を作成します。

構築ドロップダウンから、傾斜平面を作成します。

-30、-60の2つの傾斜平面を作成します。

傾斜平面を作成します。

スケッチドロップダウンから、「スケッチを作成」を選択します。

スケッチドロップダウンから、「スケッチを作成」を選択します。

平面を選択します。

平面を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

交差を取得し、スケッチを終了します。

交差を取得し、スケッチを終了します。

-60の傾斜平面にスケッチします。

-60の傾斜平面にスケッチします。

コイルの稜線で、交差を取得します。

コイルの稜線で、交差を取得します。

交差で得られた点を4半円点とした円を描きます。

交差で得られた点を4半円点とした円を描きます。

同様に-30の傾斜平面にスケッチします。

同様に-30の傾斜平面にスケッチします。

必要なスケッチが作成できました。これらのスケッチを繋いで、ロフトで形状を作成します。

必要なスケッチが作成できました。

コイルの先端の形状が作成できました。スケッチの数を増やせばより滑らかな曲面が得られると思います。

コイルの先端の形状が作成できました。

スケッチドロップダウンから、オフセットを選択します。

スケッチドロップダウンから、オフセットを選択します。

オフセット平面を作成します。

オフセット平面を作成します。

構築ドロップダウンから、「円柱/円錐/トーラスを通過する軸」を選択します。

構築ドロップダウンから、「円柱/円錐/トーラスを通過する軸」を選択します。

コイルの端面の中心を取得します。

コイルの端面の中心を取得します。

作成した平面にスケッチします。コイルの端面の中心とコイルの中心を両端に持つ円を描き、その円の中心に点をスケッチします。

コイルの端面の中心とコイルの中心を両端に持つ円を描き、その円の中心に点をスケッチします。

構築ドロップダウンから、「点の位置で面に垂直な軸」を選択します。

点の位置で面に垂直な軸

コイル作成の際に使用する軸が作成できました。この位置にコイルを作成しようとしましたが、スナップが動作しません。 現在のバージョンでは、コイルは、原点以外から作成することは想定されていないようです。

スナップが動作しません

コイルを作成します。

コイルを作成します。

修正ドロップダウンから、位置合わせを選択します。

修正ドロップダウンから、位置合わせを選択します。

端面の中心を選択します。

端面の中心を選択します。

端面の中心をクリックします。

端面の中心をクリックします。

目的とする位置に配置されるまで、反転を繰り返し押します。

目的とする位置に配置されるまで、反転を繰り返し押します。

コイルの形状がおかしいのは、Fusion360のコイル作成のアルゴリズムの選択によるものです。 コイルのパスを利用して、スイープで形状を作成し直す事もできますが、このまま使用することにします。

コイルの形状がおかしいのは、Fusion360のコイル作成のアルゴリズムの選択によるものです。

スケッチを作成します。

スケッチを作成します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

回転させます。

回転させます。

修正ドロップダウンから、フィレットを選択します。

修正ドロップダウンから、フィレットを選択します。

フィレットを追加します。

フィレットを追加します。

接合部を確認すると、少し重なりが足らないのでスケッチを修正します。

接合部を確認すると、少し重なりが足らないのでスケッチを修正します。

スケッチを変更します。

スケッチを変更します。

修正できました。

修正できました。

修正ドロップダウンから、面取りを選択します。

修正ドロップダウンから、面取りを選択します。

面取りします。

面取りします。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

2つのボディを結合します。

2つのボディを結合します。

レンダリング作業スペースに移動して、色を付けます。

レンダリング作業スペースに移動して、色を付けます。

外観を選択します。

外観を選択します。

外観を選択し、ライブラリから、メタル、ステンレス、ステンレス鋼-つや出しをドロップします。

外観を選択し、ライブラリから、メタル、ステンレス、ステンレス鋼-つや出しをドロップします。

シーンの設定から、背景の色を選択し、明るさを調整します。

シーンの設定から、背景の色を選択し、明るさを調整します。

完成です。

スクリュー