読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「適切なジョイント・タイプの選択(Choose the Appropriate Joint Type)」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

英語での説明のビデオチュートリアルです。映像だけで雰囲気は、理解できます。 ページの下に、ナレーションの英文が掲載されているので、ピデオ内で、聞き取れない場合は、英文を読めば、なんとか、理解できます。 ただ、文章だけでは理解できないので、原文のページにある動画と一緒に見る必要があります。

ジョイントをどのように配置するかの紹介です。

 

翻訳

適切なジョイント・タイプの選択

Choose the Appropriate Joint Type(原文)

このビデオは、ジョイント・タイプを選択するとき、何を考慮するべきかについて説明します。

鍵となる概念と最も良い練習が含まれています。:

長さ:6:31

コピー

アセンブリで、望ましい動作を最も表現するジョイント・タイプを選択することは、 アセンブリモデリングの最も重要な測面の1つです。 これは現実の機械の動きを模倣するモデルを可能にします。

この演習では、私は、ここで紹介される5つのコンポーネントを使用するアセンブリを作成します。 そして、いくつかのジョイント・タイプの上をいく理由は、一定の状況で他に比べてより適切かもしれません。 どんなFusion 360のアセンブリでも同様に、まず、コンポーネントを固定することが、重要です。 他のコンポーネントが、それに、相対的に動かすことができるように、 この例では、私は、より幅広いブラケットを固定します。 私は、ブラウザ上で右クリックし、固定を選択します。

アセンブリで組み立てる5つの部品

ブラケットを固定して、私は、幅広いブラケットの穴の中で、棒を中心に配置したいです。 私は、Jointコマンドをアクティブにして、続いて、ロッドの中心を選択します。 そして、ジョイントの基点は、手動で、ブラケットのタブの間に追加されました。 適切に配置された2つのコンポーネントと、私は、これらの2つのコンポーネントが意図する動作を定義することができます。

コンポーネントが、どのように接触するか識別することは、その動作を定義する方法を限定するのに役立ちます。 私は、タブの上で、棒が内部の円筒形の面に接触するのを確かめることができます。 現実のモデルは、棒のXやY方向の移動やそれらの同じ軸での回転を保ち続けることを示しています。 それは、移動とz軸回転の残りの2つの自由度を示しています。 これは、円柱状ジョイント・タイプが、2つの部品の間の現実世界の関係を最も表現することを示しています。 それは、一つの軸について、平行移動と回転を提供します。 しかし、この例では、棒は、穴で動く必要はない位置を保つコンポーネントです。 このように、私は、回転だけ提供する、簡単な、回転ジョイントを使用するでしょう。 私は、回転ジョイントを追加するために「OK」をクリックし、小さなブラケットと棒を接続するために移動するでしょう。

私は、ジョイント・コマンドを再度アクティブ化するでしょう。 私は、小さなブラケットとタブの間に、手動で追加したジョイントの基点を選択するでしょう。 そして、私は、棒の中心のスナップ・ポイントを選択するでしょう。 私が、幅広いブラケットのユーザー定義したジョイントの基点ではなく、棒を選択していることを確認します。 私は、まず棒の上にカーソルを重ね、 続いて、「コントロール」キー、あるいは、Macでは、「コマンド」キーを押したまま、面を選択します。

このジョイントのための、いくつかのタイプがあります。それは、現実世界の状況を表すために使用することができました。 剛性ジョイント・タイプは、ブラケットが、溶接されるか、互いに接着される場合、使用することができます。 ブラケットが、棒の中心に結合されている場合、回転ジョイント・タイプは、使用することができます。 そして、ブラケットが、軌道上にある、そして、それらの面を平行に保つ必要がある場合、スライダー・ジョイントを、使用することができます。 なぜなら、コンポーネントは、小さいブラケットとタブの間で中心の棒と接触します。 平行移動と回転の両方は、XとY軸で制限されます。 これは、ジョイント・タイプの最善の表示が、円柱状ジョイント・タイプであることを意味します、z軸で、平行移動と回転できます。 それは、その長さに沿って、棒の周りで回転する、そして、スライドの両方をするために、小さなブラケットを提供します。 それは、現実の世界で部品が機能する方法です。

私は、アセンブリに、このジョイントを追加するために「OK」をクリックするでしょう。 そして、以後 私は、棒のまわりで、そして、それに沿って、小さなブラケットを移動することができる固定された幅広いブラケットを持っています。 これは、アセンブリのために、期待される動作です。 円柱状ジョイントが、これらの2つのコンポーネントのための正しいジョイントのタイプであることを確認します。

今、私は、棒に沿って、小さなブラケットの両側に、2つのスペーサを追加したいと思います。 現実の世界では、これらのスペーサは、棒のまわりを回転することができます。 そして、ブラケットの各々のタブの上で、2つの面に接触します。 それは、ジョイントを、スペーサの端の中心、そして、幅広いブラケットのタブの穴の中心に適用することができることを示しています。 私は、この点に、直接、カーソルを重ねようとすると、棒は、タブの代わりに選択されます。 正しいジョイントの基点を選択するために、私は、タブの面に、カーソルを重ねる必要があります。 そして、ジョイントの位置の参照として、それを維持するために、Controlキーを押したままにします。 今、私は、今、正しいジョイントの基点を簡単に選択することができます。

最も現実的なジョイント・タイプは、棒の軸に沿って回転と平行移動できる円柱状ジョイントです。 私は、知っています。 しかしながら、間隔のため、両方のスペーサは、ブラケットの2つのタブの間の棒に沿ってスライドすることができません。 しかし、まだ、回転できるでしょう。 この動作を模倣するために、私は、ジョイント・タイプを回転に設定し、OKをクリックするでしょう。 私は、小さなブラケットの反対側に追加される他のスペーサを持つために、前に移動するでしょう。 また、それは、回転ジョイント・タイプを使用します。

すべてのコンポーネントは、今、ジョイントを使用して結合されています。 そして、私は、それらをまわりにドラッグすることによって、それらの機械動作を確認することができます。 現在、それに、スペーサがそれらの適切な場所に注意してください。 しかし、小さなブラケットは、以後、スペーサと重なります。それは、棒に沿って移動することができます。 これらのスペーサは、棒の上で、小さなブラケットの中央のままでいるために、設計されているので、 私は、ブラケットのジョイント・タイプを更新したいと考えています。

私は、正しいジョイントをタイムラインで発見するでしょう。 私は、以前に、その3つのジョイントを追加しました。 それを右クリックして、「ジョイントを編集」を選択します。 なぜなら、単純に、Fusion 360は、新しいジョイントのタイプを選択することで、自由度を変更できます。 私は、それを維持するために、「回転」を選択し、「OK」をクリックするだけです。

アセンブリで組み立てた5つの部品

今、これらのコンポーネントの全ては、予想できる現実的な機械動作を持っています。

次のレッスンでは、剛性グループを、どのように定義するか、 そして、それらが、アセンブリにどのように、影響を及ぼすかを学びます。

親のトピック:アセンブリ