読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「移動コマンドでコンポーネントを配置します:Position Components with the Move Command」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

英語での説明のビデオチュートリアルです。映像だけで雰囲気は、理解できます。 ページの下に、ナレーションの英文が掲載されているので、ピデオ内で、聞き取れない場合は、英文を読めば、なんとか、理解できます。

マニュビュレータを使用して、コンポーネントを配置する方法に付いての説明です。

 

翻訳

移動コマンドでコンポーネントを配置します

Position Components with the Move Command(原文)

コンポーネントを配置するために、移動と整列を使用します。鍵となる概念と最も良い練習が含まれています。:

  • コンポーネントを移動して、回転させて、整列させます。
  • コンポーネントを配置するために、マニピュレータを使用します。
  • カメラの向きを合わせるViewCubeを使用します。

長さ:4:15

コピー

Transcript

アセンブリに新しいコンポーネントを追加するとき、それらが、適切に配置されることは重要です。 あなたは、次のレッスンで見るでしょう。そのジョイントは、 コンポーネントの位置と動作を互いに結びつけるために使用される主要なコマンドです。 しかしながら、それは、ジョイントを作成したほうが、遥かに簡単です。 コンポーネントが、互いに近接して配置される場合、そして、ジョイントが追加さる前に、適切に配置されます。

例えば、私が、この研削機万力デザインに、スライドする顎のサブ・アセンブリを追加したい場合、 私は、データ・パネル内で、サブ・アセンブリ上で右クリックし、 「現在のデザインに挿入」を選択することで、それを挿入することができます。

次に、私は、このサブ・アセンブリを配置したいと思います。 そのため、それは、中心となるアセンブリで、簡単に結合することができます。 これは、部品の上側に沿って、ここに、スライドする顎を配置します。 そして、ここで表示する万力に整列します。

コンポーネントが、デザインに挿入されるとすぐに、「移動」ダイアログボックスが、表示され、 そして、マニピュレータは、新しいコンポーネントの上に、重ねて表示します。 特定の距離と角度が、部品を再配置するために、定義される必要がある場合、 それらは、ここで入力することができます。 しかしながら、私は、サブ・アセンブリを周辺で移動して、厳密な動きに付いて気にする必要はありません。 このように、私は、スライドする顎を再配置するために、マニピュレータを使用します。

なぜなら、サブ・アセンブリコンポーネントの全てが、強調されます。 それらのすべてが、一緒に動きます。 私が、より大きくスライドする顎コンポーネントをクリックする場合、それは、選択を解除します。 それは、残りのコンポーネントと移動することから、それを維持します。 私は、今のところ、選択され、それを維持しています。

マニピュレータを使用して、選択されたコンポーネントを動かすための、4つの異なる方法があります。 まず、矢印をクリックしてドラッグすると、直線方向に、コンポーネントを移動します。 これは、動きが予想可能で、一つの軸に沿っているので、多くの場合、コンポーネントを再配置するための、最も簡単なメソッドです。

次に、コンポーネントは、その現在の位置に基づいて、配置される平面の中で、周辺を移動することができます。 私が、ここで表示される四角形をクリックし、 そして、ドラッグする場合、コンポーネントは、この平面の中を移動します。 次に表示される2つの矢印の動きを結合します。

次に、全てのコンポーネントは、マニピュレータの中心の点をクリックして、ドラッグすることによって、 3D空間で再配置することができます。コンポーネントの位置は、現在のビューに基づいています。 そして、以後は、予想できません。それは、3次元内に再配置されることができます。

最後に、コンポーネントは、それぞれの軸のまわりを回転することができます。私が、白い円弧の上側に置かれた、 この円をクリックして、ドラッグする場合、コンポーネントは、その円弧の方向に回転します。

今、あなたは、マニピュレータが、どのように使用されるか見てきました。 私は、適当な位置に、スライドする顎を配置するつもりです。 これを、より簡単に作成するために、私は、モデル・ビューを切り替えます。 そして、その次に、その場所に、それを配置するために、一つの軸での移動を使用します。 開始するために、私は、右側のビューに切り換えます。 そして、次に、私は、左右にサブ・アセンブリを配置することができます。 そのため、それは、中心となるアセンブリで整列します。 そして、私は、上へ、それを動かすことができます。 そのため、それは、他のコンポーネントより上にあります。

次に、私は「前面」ビューに切り換えます。

サブ・アセンブリは、右に離れすぎています。 このように、私は、アセンブリの中心に、より近く、それを配置するために、この矢印をクリックしてドラッグします。 そして、その次に、私は、それを、万力の下方へのより近くに動かすために、他の矢印をクリックしてドラッグします。 なぜなら、研削機万力は、現在、傾斜面に配置されています。 私は、サブ・アセンブリと同じ角度に一致させたいです。 私は、サブ・アセンブリを回転させるために、上側で回転ハンドルを使用します。 このように、それは、平行へ近づきました。 そして、サブ・アセンブリの位置決めと配置を完了するために、「OK」をクリックします。 今、私が、デザインを等角図に切り換える場合、 あなたは、このサブ・アセンブリが、真上に配置されていることを確かめることができます。 それは、デザインで、ジョイントが、適用された結果として終わるでしょう。

次のレッスンでは、私たちは、あなたに、どのように、ジョイントを理解するか、 そして、それらを、どのように作成するかを示すでしょう。

親のトピック:アセンブリ

「アセンブリ Assemblies」Fusion360ヘルプを翻訳する - ドローイング空間