読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360でハサミをモデリングする。その3アセンブリ

広告

指を入れる部分のプラスチックのガードと要の金具を行っていませんが、 モデリングは、終了して、アセンブリを行います。

はさみのモデリングをアセンブリした状態

 

アセンブリ

新しいデザインを開き、名前を付けて保存します。

新しいデザインを開き、名前を付けて保存します。

今までに作成した2つのハサミの部品を配置します。

Fusion360でハサミをモデリングする。その1 右側 - ドローイング空間

Fusion360でハサミをモデリングする その2 左側 - ドローイング空間

最初に作成した、パーツを配置します。そのままOKをクリックします。

最初に作成した、パーツを配置し、そのままOKをクリックします。

もう一方を配置します。平行移動で、配置できるように回転させておきます。

もう一方を配置します。

アセンブリドロップダウンからジョイントを選択します。

アセンブリドロップダウンからジョイントを選択します。

モーションのタイプに、回転を選んだ後、コンポーネント1に、要の穴の接触する側の稜線を選択します。

モーションのタイプに、回転を選んだ後、コンポーネント1に、要の穴の接触する側の稜線を選択します。

コンポーネント2も同様に、要の穴の接触する側の稜線を選択します。

コンポーネント2も同様に、要の穴の接触する側の稜線を選択します。

設定すると、アニメーションで動作をアピールします。

設定すると、アニメーションで動作をアピールします。

ブラウザで、コンポーネントを右クリックして、固定を選択します。

ブラウザで、コンポーネントを右クリックして、固定を選択します。

アセンブリドロップダウンから、「接触セットを有効化」を選択します。

アセンブリドロップダウンから、「接触セットを有効化」を選択します。

再度、アセンブリドロップダウンから、新規接触セットを選択します。

アセンブリドロップダウンから、新規接触セットを選択します。

2つの部品を選択します。

2つの部品を選択します。

接触が検出されるので、接触したところで、動きが止まります。今回のような、簡単な形状では、設定できますが ねじなどで設定すると動かなくなって、アプリケーションを強制終了せざるを得なくなります。 これで、ハサミのモデリングアセンブリは終了します。

ハサミのモデリングとアセンブリが完了しました

レンダリングワークベンチに移動しても動かすことができます。

レンダリングワークベンチに移動しても動かすことができます。

興味を持たれた方に

Fusion360は、Autodeskが提供する3D-CADアプリケーションです。学生だけでなく、 個人利用やスタートアップでは、無料で利用できるという利点があります。

Fusion360での、モデリングに興味を持たれた方は、Windos, MacOSX, Linuxにかかわらず利用できるので、 お使いのパソコンにインストールしてモデリングに挑戦してみては、いかがでしょう。Linux版は、存在していませんでした。

Windowsパソコンへのインストール方法

ダウンロードとインストール

一方、自宅ではなく会社で使うには、その会社が年間売上10万ドル以下では無いと無料では使えないので、 ほとんどの会社では、製品版の利用権を購入する必要があります。