読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

<!-- 「サブ・アセンブリを挿入して、ジョイントを作成します(Insert Subassemblies and Create Joints)」を翻訳する。Fusion360ヘルプ -->

Fusion360

広告

Fusion360は、個人やスタートアップで使用する場合は、無料で利用できる3D-CADアプリケーションです。

参考:Fusion360のダウンロードとインストール

それを操作する際、ドキュメントを読まないと気が付かない機能があります。そして、ドキュメントの殆どは英語です。 ちょこちょことそのドキュメントを翻訳しています。

さて、今回、翻訳したドキュメントの内容ですが、再利用可能はまとまりでサブアセンブリを作成し、 それを利用してアセンブリする方法に付いての説明です。

 

原文のリンクにある動画といっしょに活用してください。

翻訳

サブ・アセンブリを挿入して、ジョイントを作成します

Insert Subassemblies and Create Joints(原文)

このビデオは、サブ・アセンブリを挿入し、そして、使用することを説明します。

鍵となる概念と最も優れた方法が含まれています。:

  • アクティブなデザインにサブ・アセンブリを挿入します。
  • 剛性グループを作成します。
  • 回転ジョイントを作成します。

長さ:6:28

コピー

Transcript

中心となるアセンブリに、サブ・アセンブリを挿入するとき、それは、ジョイントと剛性グループを用いて、 コンポーネントが、もう一方と、どのように、関係しているか知っておくことは重要です。

サブ・アセンブリ

Fusion 360では、サブ・アセンブリは、既定では、可変的な状態で挿入されます。 その位置がサブ・アセンブリで拘束されないどんなコンポーネントでも、自由に動くことを示しています。

位置が拘束されていないので自由に動きます

これは、中心となるアセンブリに挿入したとき、それらが予想通りに実行するように、 サブ・アセンブリ・レベルで、コンポーネントを定義することは重要です。

このペダルのサブ・アセンブリは、他と正しく相対的に、コンポーネントの全てが配置されます。 しかしながら、すべてのジョイントは、抑制されています。 そして、それで、コンポーネントは自由に動くことができます。 これは、私が、中心となるアセンブリに切り換え、そして、既定の可変的な状態で入力されたデザイン、 サブ・アセンブリに、サブ・アセンブリを挿入する場合を示しています。 私が、全体のサブ・アセンブリを移動しようとする場合、それぞれのコンポーネントは、代わりに再配置されることを示しています。 これは、私が、サブ・アセンブリを実行したい方法ではありません。 これらのコンポーネントの大部分は、もう一方への固定した相対パスである必要があるため、 これを行うための、2つの方法があります。:剛性グループを作成する。 あるいは、固定し、そして、移動しているコンポーネントに適用する現況ジョイントを追加する。

まず、私は、動かないコンポーネントに剛性グループを適用するでしょう。 私は、「アセンブリ」メニューからコマンドを有効にし、そして、ペダル以外のコンポーネントの全てを選択します。 現在、私が、これらのコンポーネントの1つをドラッグするとき、他の全ては、それを移動する剛性グループを追加します。

動かないコンポーネントに剛性グループを適用します

サブ・アセンブリで、部品の全ての関連づけを完了するために、私は、ペダルが回転するように、現況ジョイントを、適用することができます。 私は、最初の現況ジョイントを作成するために、アセンブリ・メニューからコマンドを有効にするでしょう。 続いて、最初のペダルとシャフトを選択します。 動作タイプを、「回転」に設定します。デザイン・ウィンドウで、コンポーネントのより優れたビューを取得するために、 アームを非表示にします。ペダルの端面上の中心点を選択し、プレビューの見た目を良くします。 それで、私は「OK」をクリックするでしょう。

この同じ現況ジョイントは、アセンブリの反対側の上の他のペダルに適用されます。 このように、ジョイントが、既にサブ・アセンブリに追加されているので、私は、前にスキップするでしょう。 現在、このサブ・アセンブリは、残りのエクササイズ・バイクで結合することができます。 私は、ジョイント・コマンドを有効にします。続いて、Controlキー、 あるいは、Macユーザーでは、コマンドを押し続けることによって、ペダル・サブ・アセンブリジョイント基点を選択します。 そして、エクササイズ・バイクのフレーム上のジョイント基点を、もう一度コントロールを押し続けて、 それを、次に、期待通り、ペダル・サブ・アセンブリの機能を回転に設定します。 これらの関係の全て-剛性グループと現況ジョイント-それが、中心となるアセンブリに挿入されたあと、 サブ・アセンブリに追加されました。しかし、それが挿入される前に、 これらがサブ・アセンブリ・デザインで追加されている場合、サブ・アセンブリを、どのように実行するのでしょうか? それは、まだ可変的で、関係を追加する必要があるでしょうか? サブ・アセンブリが、どんな関係も持っていない、そして、エクササイズ・バイクに、サブ・アセンブリが含まれていないとき、 私は、このレッスンの開始時に、モデル状態を戻して、これを検証するでしょう。

関係を追加し始めると、私は、ペダル以外のコンポーネントのすべてが含まれる、剛性グループを作成するでしょう。 現在、これらのコンポーネントは、互いにつながっています。次に、私は、左側でペダルに、現況ジョイントを追加します。 ちょうど今、あなたが確かめたので、そして、他のペダルのために、同じ現況ジョイントを含めるために、前にスキップします。 サブ・アセンブリ内で、大きなプーリをここで固定して、コンポーネントの全てが、適切な位置にとどまることに注意します。 そして、ペダルは、期待通り、シャフトのまわりを回転します。 剛性グループと現況ジョイントが組み込まれているので、私は、このサブ・アセンブリを保存します。

現在、私が、エクササイズ・バイクに、このペダル・サブ・アセンブリを後ろに挿入する場合、 コンポーネントは、すでに、お互いに拘束されています。 このサブ・アセンブリは、サブ・アセンブリ・レベルで追加される、 拘束を引き継ぎます。それが挿入されると、これは、サブ・アセンブリの柔軟性を低下します。 現在、私は、サブ・アセンブリを配置するために、回転ジョイントを追加することができます。 そして、それは、期待したとおり、中心となるアセンブリ内で機能します。 それが挿入されたあと、継続的に剛性グループと現況ジョイントを作成する必要はありません。

親のトピック:レッスン