読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「他のデザインから、コンポーネントを再使用します。(Reuse Components from Other Designs)」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

Fusion360は、個人やスタートアップで使用する場合は、無料で利用できる3D-CADアプリケーションです。

参考:Fusion360のダウンロードとインストール

それを操作する際、ドキュメントを読まないと気が付かない機能があります。そして、ドキュメントの多くは英語です。 ちょこちょことそのドキュメントを翻訳しています。

さて、今回、翻訳したドキュメントの内容ですが、デザインに使用した部品を、 部品ライブラリーとして、独立させる手順が紹介されています。

原文のリンクにある動画といっしょに活用してください。

 

翻訳

他のデザインから、コンポーネントを再使用します。

Reuse Components from Other Designs(原文)

このビデオは、分散型デザインの概念とコンポーネントをエクスポートし、そして、挿入する方法について説明します。

鍵となる概念と最も優れた方法が含まれています。:

長さ:2:56

コピー

Transcript

ほとんどのCADモデルは、規格部品を使用して設計されています。 それは、単純に、現状のまま、モデルに挿入します。 これらの部品は、多くの場合、ライブラリー部品と呼ばれます。 一般的に、作成するために、修正する必要はありません。 これは、ネジ、ナットとボルトのような、簡単な部品が含まれています。 あるいは、それは、複数のモデルで使用する均一な専用設計の部品であることができます。

ここで紹介されるエクササイズ・バイクには、専用設計のペダルが含まれています。

専用設計のペダルのデザイン

それは、企業が設計するかもしれない、他のエクササイズ・マシンのために、使用することができます。 各々のマシンのためのペダル・デザインを再現する代わりに、このペダルは、再利用することができます。 再利用する、このコンポーネントを保存するために、単純に、デザイン・ウィンドウ内で、 ペダルをクリックすることによってブラウザにコンポーネントを配置し、そして、サブ・アセンブリを展開します。 それは、下線が引かれ、続いて、コンポーネント上で、右クリックし、そして、「コピーとして保存」を選択します。

コンポーネント上で、右クリックし、そして、「コピーとして保存」を選択します。

私は、コンポーネントに「カスタム自転車ペダル」という名前をつけます。

、コンポーネントに「カスタム自転車ペダル」という名前をつけます。

そして、私が、「保存」をクリックすると、それ自身のデザインでコンポーネントが保存されます。 それは、データ・パネルに表示されます。私は、ボディにあるものだけを見ることができ、 そして、エクササイズ・バイクの残り部分から独立している、この新規デザインをすばやく開くでしょう。

現在、このペダルは、ジオメトリーは、このデザインを制御する分散型の部品として再利用することができます。

独立した分散型の部品になります

そして、ここで実行するすべての変更は、このペダルを使用する、他のモデルの中に取り込むことができます。 なぜなら、このコンポーネントは、最初のエクササイズ・バイクから、コピーとして保存されます。 2つのモデルの間には、リンクがありません。 この新たに保存されたペダルが、複数のデザインで使用されるオリジナル・ファイルであることを目的とする場合、 元のペダルは、エクササイズ・バイクから削除する必要があります。 そして、これは、その位置に挿入される必要があります。 これを実行するには、私は、エクササイズ・バイクに切り替えるでしょう。 現在、私が、元のペダルの上で右クリックする場合、私は、オプション「削除」を選択することができます。

オプション「削除」を選択する

それは、タイムラインで表示されるパラメトリック・フューチャーです。

タイムラインで表示されるパラメトリック・フューチャー

現在、ペダルは削除されました。そして、私は、データ・パネル内で、新しいコピーの上で右クリックことによって、挿入することができます。 続いて、「現在のデザインに挿入」を選択します。

「現在のデザインに挿入」を選択します。

このペダルは、続いて、適切に配置される必要があります。 私は、モデル内で部品を関連づけるために、「回転」ジョイントをすばやく追加することによって、それを行うことができます。 現在、このペダルは、更新することができます。 変更が、それぞれの自転車ペダル・デザインに作成するとき、他のモデルと一緒に、 それは、この新たに作成されたライブラリー部品を使用します。

親のトピック:アセンブリ