読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

スプレーボトルをモデリングする。(その4:逆止弁付きジョイント)Fusion360

広告

逆止弁付きのジョイントです。設計意図が理解できないと細かなところが理解できません。形だけをモデリングします。 また、樹脂製品なので、抜き勾配が設定されています。その辺りは、適当にモデリングしています。

逆止弁付きジョイントの完成形状

 

逆止弁付きジョイントモデリングします

必要な平面を予め構築しておき、それからモデリングします。

構築ドロップダウンから、オフセット平面を選択します。

構築ドロップダウンから、オフセット平面を選択します。

オフセット平面を作成します。

オフセット平面を作成します。

オフセット平面を作成します。

オフセット平面を作成します。

スケッチドロップダウンから、「スケッチを作成」を選択します。

スケッチを作成

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

円を描きます。

円を描きます。

別の平面にスケッチします。

別の平面にスケッチします。

円を描きます。

円を描きます。

別の平面にスケッチします。

別の平面にスケッチします。

円を描きます。

円を描きます。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

2つのスケッチからロフトを使用して、立体を作成します。

2つのスケッチからロフトを使用して、立体を作成します。

修正ドロップダウンから、フィレットを選択します。

修正ドロップダウンから、フィレットを選択します。

フィレットを追加します。シェルを実行する前に、フィレットを追加します。

フィレットを追加します。

修正ドロップダウンから、シェルを選択します。

修正ドロップダウンから、シェルを選択します。

シェルは、除去面のみ選択します。

シェルは、除去面のみ選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

ロフトで、立体を作成します。

ロフトで、立体を作成します。

スケッチドロップダウンから、「スケッチを作成」を選択します。

スケッチを作成

スケッチ平面を選択します。

スケッチ平面を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチ平面とボディの交差を取得します。

スケッチ平面とボディの交差を取得します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

スケッチを回転させて削除します。

"スケッチを回転させて削除します。

スケッチ平面を指定して、スケッチします。

スケッチ平面を指定して、スケッチします。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

押し出します。

押し出します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

回転を作成します。

回転を作成します。

作成ドロップダウンのパターンから、円形状パターンを選択します

作成ドロップダウンのパターンから、円形状パターンを選択します

パターンで形状を複写します。

パターンで形状を複写します。

スケッチ平面を指定して、スケッチします。

スケッチ平面を指定して、スケッチします。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

回転で、形状を作成します。回転軸はY軸ではありません。

回転で、形状を作成します。

回転で、形状を削除します。回転軸はY軸ではありません。

回転で、形状を作成します。

平面を選択し、スケッチします。

平面を選択し、スケッチします。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

回転により削除します。

回転により削除します。

回転により形状を作成します。

回転により形状を作成します。

平面を選択し、スケッチを作成します。

平面を選択し、スケッチを作成します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、から「プロジェクト」を使用して、スケッチに必要な形状を取得しスケッチします。

スケッチに必要な形状を取得しスケッチします。

押し出して、切り取ります。

押し出して、切り取ります。

作成ドロップダウンのパターンから、円形状パターンを選択します

作成ドロップダウンのパターンから、円形状パターンを選択します

パターンタイプで、パターンフューチャーを選択し、タイムラインから、削除形状を選択します。中心線は、スケッチで作成したものを利用します。

パターンフューチャーを選択し、タイムラインから、削除形状を選択します。

平面を選択して、スケッチします。

平面を選択して、スケッチします。

スケッチします。

スケッチします。

押し出しで穴を開けます。

押し出しで穴を開けます。

レンダリング作業スペースに移動して、色を付けます。

レンダリング作業スペースに移動して、色を付けます。

外観を選択します。

外観を選択します。

レンダリング作業スペースに移動して、色を付けます。 外観のライブラリから、プラスチック、半透明、プラスチック-半透明(白)をドラッグ&ドラッグします。

外観のライブラリから、プラスチック、半透明、プラスチック-半透明(白)をドラッグ&ドラッグします。

パターンで作成した、形状があるので、ブラウザ上のコンポーネントにドラッグ&ドラッグするとまとめて指定できます。

シーンの設定から、背景の色を選択し、明るさを調整します。

シーンの設定から、背景の色を選択し、明るさを調整します。

完成です。

完成です。

反対側です。

完成した形状の反対側です。

修正

アセンブリを行った際に、ボディとコンポーネントが別々に存在しているとボディとコンポーネントが 別々の形状として認識されていることに気が付きます。 それぞれが、別々に動くので、アセンブリで操作する際、わかりにくく、操作が増えます。 それを避けるために、それぞれの部品の段階で、1つの形状として認識させる操作が必要です。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

形状は、ブラウザから、選択したほうが楽です。 ですが、コンポーネントのトップからは選択できないので、 ディレクトリを展開して選択する必要があります。

コンポーネントとボディを結合する

結合できました。

逆止弁のボールを作成します。

作成ドロップダウンから、球を選択します。

作成ドロップダウンから、球を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

原点を指定して、直径 2mmの球を作成します。

原点を指定して、直径 2mmの球を作成します。

レンダリング作業スペースに移動して、色を指定します。

レンダリング作業スペースに移動して、色を指定します。