読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「コンポーネントと分散型のデザインを挿入します:Insert Components and Distributed Design」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

英語での説明のビデオチュートリアルです。映像だけで雰囲気は、理解できます。 ページの下に、ナレーションの英文が掲載されているので、 ピデオ内で、聞き取れない場合は、英文を読めば、なんとか、理解できます。

 

翻訳

コンポーネントと分散型のデザインを挿入します

Insert Components and Distributed Design

次のビデオは、Fusion 360で分散型のデザインを、どのように、そして、なぜ使用するか、 そして、どのように、コンポーネントを挿入するかを説明します。鍵となる概念と最も良い練習が含まれています。:

長さ:8:59

コピー

Transcript

予めデザインされたコンポーネントとサブ・アセンブリを、中心となるアセンブリに追加することは、 CADソフトの一般的な作業の流れです。 これは、必要なスケッチ、構築ジオメトリー、 そして、コンポーネントを作成するために必要な形状のすべてが含まれるデザインのために、独立して管理できます。

ここに、表示されるモデルは、あなたが、各々のタブの中で、見ることができるように、 現在、別々のデザインのハンドルと万力ネジを中に追加される切削機の万力です。 ハンドルとネジがそれら独自のデザインで作成されるため、 それらは他のどんなデザインでも「配布される」ことができて、使用されることができますが、 制御され、そして、ここで、元のモデル内だけで、変更することができます。 全てのボディ、スケッチと構築ジオメトリーは、各々のコンポーネントのデザインの中に含まれて作成する必要があります。

私は、中心となるアセンブリに、ハンドルと万力ネジを別々に挿入することができました。 しかしながら、私は、続いて、研削機万力に挿入されるサブ・アセンブリとして、 互いにそれらを結合したいです。サブ・アセンブリは、中心となるアセンブリに追加される前に、 これらのコンポーネントが、現実に、結合する組立工程を念頭において作成されます。 コンポーネントを挿入するために、単純に、データ・パネルを開き、 続いて、デザインの上で右クリックします。そして、「現在のデザインに挿入」オプションを選択します。 現在、ハンドルは、万力スクリューデザインに挿入されています。 そして、マニピュレータやダイアログボックスを使用して、再配置することができます。 今のところ、私はハンドルを90°回転させます。そして、それをネジと並べるために移動します。

デザインにハンドルを挿入して、「読取専用」モードでデザインにもたらされることを指摘します。 これは、ブラウザで「リンク」アイコンによって示されます。 そして、コンポーネントが拡大すると、項目は、グレーアウトし、編集できません。 修正する必要がある場合、それら最初のデザイン上で、実行する必要があります。

必要であれば、このコンポーネントと最初のデザインの間のリンクは、分割することができます。 これは、コンポーネントの上で右クリック、「リンクの解除」を選択することによって、実行できます。 このオプションを選択すると、最初のデザインとのコンポーネントの結合を削除します。 このデザインの中で、それが、直接、編集できます。

サブ・アセンブリの作成を完了するために、 私は、互いにそれらを固定するために、2つのコンポーネントの間に、ジョイントを追加します。 これは、剛性ジョイントになるでしょう。それは、お互いに相対的に動くことから、2つのコンポーネントを維持します。 あなたが、まだ、ジョイントになれていなくても、気にすることはありません。 それらは、後のレッスンで徹底的で取り扱われます。 あなたは、今のところ、それらが、もう一方と相対的に、どのように移動できるか、 コンポーネントに伝えることだけを知っていれば問題ありません。

現在、このサブ・アセンブリは、中心となるアセンブリに追加される準備ができています。 まず、私は新しいデザインとしてこれを保存し、「ハンドル・ドライバ」と呼ぶことにしましょう。 次に、私は、サブ・アセンブリを挿入するために、研削機万力のための、タブを選択するでしょう。 私は、データ・パネル内で、それを右クリックします。 そして、ちょうど前に、私が行ったように、「現在のデザインに挿入」を選択します。

現在、ブラウザで、リンク・アイコンによって示される「読取専用」モードで、サブ・アセンブリが、中心となるアセンブリに挿入されます。 また、アセンブリ・アイコンが、ブラウザでハンドル・ドライバのために、表示されている点に注意してください。

研削機万力内にサブ・アセンブリを配置するために、私は、もう一つのジョイントを追加するでしょう。 今回は、回転ジョイントタイプを使用しています。 それで、ハンドル・ドライバーは、回転できます。私は、この上側面の中心点を選択します。 そして、研削機万力のこの面の中心点は、ジョイント「回転」に設定しました。 そして、現在、サブ・アセンブリは、適切に配置されています。 そして、なぜなら、私は、回転ジョイント・タイプを使用しました。 ハンドルとネジは、モデル内で、回転することができます。

次に、モデルに、複数コンポーネントを追加したいです。: 万力の外側のネジを回るつば。このコンポーネントは、別々のデザインで作成され、続いて、中に挿入することができます。 しかし、その代わりに、私は、現在のサブ・アセンブリを使用するでしょう。 新しいコンポーネントを作成するための参照として、私は、つばのための新しい空のコンポーネントを作成します。

ここで重要な点は、私は、この新しいコンポーネントをアクティブにする次の手順を強調したいです。 これは、ブラウザ内で、コンポーネントロールオーバーすることで、実行でき、そして、名前の隣の点をクリックします。

新しいコンポーネントをアクティブにすることは重要です。 なぜなら、それがアクティブにされる限り、どんなスケッチや3Dジオメトリでも、このコンポーネントの中に含まれます。 これは、系統化されたモデルを維持するだけでなく、どこでそれが使用されても、 モデル情報は、コンポーネントと一緒に移動することができます。私は進んで、それをアクティブにします。

次に、私はつばを作成し始めます。私は、ハンドルをビューから隠します。 続いて、私は、万力ネジのこの端面で、スケッチをします。 そして、スケッチに、円形の稜線をコピーする「プロジェクト」コマンドを使用します。 次に、私は、2つ以上の円を、構造ジオメトリーに変更します。 つばのプロファイルを作成するために、2つの寸法を円に追加します。そして、スケッチを停止します。

次に、私は、研削機万力の表面まで押し出す3Dジオメトリーを作成するために、「押し出し」コマンドを使用するでしょう……。 つばを仕上げるために、私は、側壁を貫通する穴を追加します。 それは、万力ネジ内で、穴を整列します。 私は、つばの中に、この穴が含まれるために、前にスキップするでしょう。 今、私は、つばを完成させました。 私は、ブラウザで、それの名前を「Collar」に変更し、続いて、中心となるアセンブリをアクティブにします。

なぜなら、私は、私は、作成したジオメトリー、全てのスケッチ、構造ジオメトリーと同じように、つばコンポーネントをアクティブにしました。 そして、ボディは、このコンポーネントの中に、含まれています。 コンポーネントが、アクティブにされていない場合、全てのスケッチ、ボディ、 そして、ジオメトリーは、ブラウザの一番上で見つけることができます。 あなたが、ここで見てきたように、あなたが、一番上のレベルのデザインの上で、 あるいは、それぞれのコンポーネントの中で、作業するときはいつでも、関連するジオメトリーが含まれ、 そして、期待通りに系統化されるために、各々のレベルが、アクティブになっているか、確認してください。

次のレッスンでは、私たちは、あなたに、移動と整列を使用して、どのように、コンポーネントを配置するか示すでしょう。

親のトピック:アセンブリ

「アセンブリ Assemblies」Fusion360ヘルプを翻訳する - ドローイング空間