読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その1フタ

広告

スティックのりケースをモデリングしてみようと思います。 まずは、フタから、モデリングを行います。簡単そうな形状ですが、樹脂成形品由来の抜き勾配が存在します。 今回選択したモデリングルートでは、拡大しないと見えないと思いますが、 滑り止めのギザギサの溝を作成する際に、形状が破綻してしまいました。

スティック糊ケースのフタ

 

フタのモデリング

線分を選択します。

線分を選択します。

スケッチ平面を指定します。

スケッチ平面を指定します。

スケッチします。

スケッチします。

スケッチ上部

スケッチ上部

スケッチ中段

スケッチ中段

スケッチを停止し、作成ドロップダウンから、回転を選択します。

スケッチを停止し、作成ドロップダウンから、回転を選択します。

回転させます。

回転させます。

構築オフセット平面を選択します。

構築オフセット平面を選択します。

オフセットした平面を作成します。

オフセットした平面を作成します。

スケッチから円弧を選択し、スケッチ変面に作成したオフセット平面を指定します。

スケッチから円弧を選択し、スケッチ変面に作成したオフセット平面を指定します。

スケッチドロップダウンから、直線を選択し、面を選択します。

スケッチドロップダウンから、直線を選択し、面を選択します。

先ほどのスケッチの端を端点に直線を引きます。 平面上に存在した点が、空間上に浮かんでいます。失敗です。 Fusion360の現行Version(2.0.1909)では、曲面とスケッチ平面との交線をスケッチに利用できないようです。 モデリングルートが制限されます。注意が必要です。

※建築CADを発祥に持つメーカーの作成したCADは、機械用途には向かないとよく聞きますが、注意して使っていきましょう。

スケッチが立体と離れて空間上に浮かんでいます。

プロファイルのスケッチからやり直します。スケッチドロップダウンから、直線を選択して、スケッチ平面を選択します。

プロファイルのスケッチからやり直します。スケッチドロップダウンから、直線を選択して、スケッチ平面を選択します。

直線を引いいて、対象拘束を設定し、作図線に変更します。

直線を引いいて、対象拘束を設定し、作図線に変更します。

中心点円弧を選択します。

中心点円弧を選択します。

円弧を引きます。

円弧を引きます。

直線を引き、接線拘束を追加します。

直線を引き、接線拘束を追加します。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。 円弧の片方に、寸法を追加し、もう一方との同一拘束を設定します。 直線と作図線の間に角度を指定します。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。

ミラーで複写します。

ミラーで複写します。

パスとして使用する直線を作成します。線分を選択し、平面を選択します。

パスとして使用する直線を作成します。線分を選択し、平面を選択します。

パスに使用する直線を引きます。反対側の面も同じように線を引きます。

パスに使用する直線を引きます。反対側の面も同じように線を引きます。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。パスが2つ選択できそうだったので、 可変断面スイープに対応しているかと期待しましたが、パスは1つしか選択できません。 そのため、形状が破綻していますが、このままモデリングを進めます。

※本来は、モデリング可能なルートを探して、モデリングをやり直す必要があります。

※※タイプで、「パスとガイド」を選択すると2つのパスが指定できます。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。

表面が、削除できていません。

表面が、削除できていません。

プロファイルのスケッチを変更します。

プロファイルのスケッチを変更します。

溝が切れました。

溝が切れました。

作成ドロップダウンから、パターンを選択します。

作成ドロップダウンから、パターンを選択します。

回転複写します。

回転複写します。

完成です。拡大しなければわかりませんが、溝の作成が破綻しているのが気に入りません。 またの機会に別ルートでモデリングしてみたいと思います。 単純な形状だと思っていたので、ここまで苦労するとは思いませんでした。

完成です。拡大しなければわかりませんが、溝の作成が破綻しているのが気に入りません。

パターンで複写ため、そのことを示す境界線が表示されているので、綺麗にモデリングした気分になれません。 そこで、レンダリング作業スペースで、レンダリングします。

レンダリング作業スペースに移動します

外観をクリックします。

外観をクリックします。

モデルを矩形選択ですべて選択した後、ライブラリから、プラスチック、 不透明のツリーをたどり、プラスチック-マッド(青)をモデルにドラッグ&ドロップします。

プラスチック-マッド(青)をモデルにドラッグ&ドロップします。

シーンの設定で、明るさを変更します。

シーンの設定で、明るさを変更します。

何故か、パターンで複写したつなぎ目が残っているようですが、それっぽい雰囲気になりました。

スティック糊ケースのフタ