読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、六角穴付きボルトM4-16をモデリングする。

広告

六角穴付きボルト

ここでは、Fusion360の操作の習熟を目的として、モデリングを行います。

 

ボルトやナットなどの基本的な機械要素のデータは、一般に公開されていますので簡単に入手できますが、操作の習熟を目的として、実際にモデリングを行います。

kukekko.hatenablog.com

 

モデリング

穴の奥が円錐状の形状のため、スケッチを作成し、回転で立体を作成します。

スケッチから、線分を選択します。

スケッチから、線分を選択します。

スケッチ平面を選択します。

スケッチ平面を選択します。

スケッチし、寸法を指定し、スケッチを停止します。

スケッチし、寸法を指定し、スケッチを停止します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

スケッチを選択して回転させます。

スケッチを選択して回転させます。

面を選択します。

面を選択します。

スケッチドロップダウンから、内接ポリゴンを選択します。

スケッチドロップダウンから、内接ポリゴンを選択します。

中心を選択した後、穴のエッジにスナップします。

中心を選択した後、穴のエッジにスナップします。

スケッチドロップダウンから、中心と直径で指定した円をクリックします。

スケッチドロップダウンから、中心と直径で指定した円をクリックします。

円を描いた後、寸法と拘束を設定します。基準軸(この場合、基準面とスケッチ平面の交線) とスケッチの点との間には、「一致」拘束(直線上の点)が追加できないようです。

寸法と拘束を設定します。

ポリゴンの垂直の辺に、垂直拘束を追加します。

ポリゴンの垂直の辺に、垂直拘束を追加します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

ポリゴンと円で囲まれた平面を選択し、押し出します。操作は、結合を選択します。

ポリゴンと円で囲まれた平面を選択し、押し出します。

修正ドロップダウンから、面取りを選択し、面取りを追加します。

修正ドロップダウンから、面取りを選択し、面取りを追加します。

作成ドロップダウンから、ねじを選択し、ねじを作成します。実際にねじをモデル化する際は、モデル化にチェックを入れます。 M4の並目ねじのピッチは、0.7なので、表示記号で、M4×0.7を選択します。 並目と細目のピッチに色分け等の配慮がされていないのは、ユーザーインターフェイスが、まだまだ洗練されていない証拠だと思います。

作成ドロップダウンから、ねじを選択し、ねじを作成します。

検査ドロップダウンの計測では、ねじの寸法の測定は、対応していないようです。(Version 2.0.1909)

検査ドロップダウンの計測では、ねじの寸法の測定は、対応していないようです。

完成です。

六角穴付きボルト