読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、パーツ・ライブラリを使用する

広告

3D-CADでは、できるだけモデリングせずに、既存のモデルを使用して、 目的の形状を作成することで、作業速度を向上するのが良いとされています。

Fusion360では、2つの部品ライブラリが用意されています。 McMaster-Carrは、そのまま、読み込むことができます。

 parts4cadは、選択して、メールアドレスを入力すると、データファイルが、メールで送られてくるのだと思います。 こちらは、まだ動作が確認できていません。

モデル作業スペースで、挿入ドロップダウンに、利用できる部品ライブラリ、「McMaster-Carr」と「parts4cad」があります。

rel=

ただ、取得できる部品モデルは、Fusion360のネイティブファイルではないので、 場合によっては、自分でモデリングしたほうが場合もあるかと思います。

部品ライブラリ「McMaster-Carr」を使用する。

モデル作業スペースで、挿入ドロップダウンにある「McMaster-Carr」を選択します。

挿入ドロップダウンにある「McMaster-Carr」を選択します

新しいウインドウが開きます。

新しいウインドウが開きます。

検索し、目的のパーツの項目を開きます。ここでは、Nutsを選択します。

目的のパーツの項目を開きます。ここでは、Nutsを選択します。

さまざまな、Nutが表示されます。ここでは、Hex Nutsを選択します。

さまざまな、Nutが表示されます。ここでは、Hex Nutsを選択します。

ウインドウの内容が変わります。右にHex Nutsがありますが、 まず、左の項目で、条件を絞り込めるので、Metricを選択し、メートル規格のものだけに絞り込みます。

Metricを選択し、メートル規格のものだけに絞り込みます。

Nex Nutsを選択します。

Nex Nutsを選択します。

目的の規格の型番をクリックします。

目的の規格の型番をクリックします。

注文のためのポップが表示されます。「Product Detail」をクリックします。

注文のためのポップが表示されます。「Product Detail」をクリックします。

下に、スクロースして現れる図面の上に、CADデータのダウンロードボタンが表示されています。 隣のドロップダウンボックスで、ダウンロードするデータの型式を指定できます。

ダウンロードするデータの型式を指定できます

どの、データ型式が使いやすいかよくわからないので、Stepでダウンロードしてみます。

Stepでダウンロードしてみます

モデルが表示されます。

モデルが表示されます。

配置のためのダイアログが表示されます。OKを押すと確定できます。

配置のためのダイアログが表示されます。n

モデルが挿入されます。

モデルが挿入されます。

CADデーターが存在するモデルは、何でも利用できますが、入手性の良い物、 価格が現実的なもののみを使用することに注意しましょう。

部品ライブラリ「parts4cad」を使用する

モデル作業スペースで、挿入ドロップダウンにある「parts4cad」を選択します。

モデル作業スペースで、挿入ドロップダウンにある「parts4cad」を選択します。

ブラウザでページが表示されます。

ブラウザでページが表示されます。

使用したいモデルを選択し、メールアドレスとフォーマットを選択し「To Autodesk Fusion 360」をクリックします。

使用したいモデルを選択し、メールアドレスとフォーマットを選択し「To Autodesk Fusion 360」をクリックします。

メールがすぐに届いても良さそうですが、届きません。何か別の操作が必要かもしれません。