ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

欠けた三面図が解けない

広告

三面図から立体を推測することで、三面図と立体の相互認識力を向上させるための演習があります。ただ、中には目的を通り過ぎて、「高度な空間認識力をこんなところに使わなくても...」と思わせる問題が幾つか存在します。そのような例は、そんなに数がないので、いくつか解くうちに、問題と答えを覚えてしまいます。そして、答えを知らないと解けないと思わせる定番問題になります。ゲーム表現をすると初見殺しということになるかと思います。

kantoku (id:kandennti) さんが紹介している問題は、私は、初めて見ました。

問題は、こちらです。

kantoku.hatenablog.com

答えが提示されていないので、自分なりに考えてみることにしました。実際にモデリングしてみたのですが、図面化してみると間違っていたようです。

f:id:kukekko:20180203120044p:plain

 

Fusion360で、モデリングすることにします。

軸と原点を表示させます。基準平面は非表示にします。基準軸を表示することで、モデリングする際に、向きや位置を見失うのを防ぎます。

軸と原点を表示させます。基準平面は非表示にします。

「スケッチを作成」を選択します。

「スケッチを作成」を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

スケッチします。

f:id:kukekko:20180203120115p:plain

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

押し出します。

f:id:kukekko:20180203120141p:plain

立体の面を選択してスケッチします。

f:id:kukekko:20180203120158p:plain

スケッチします。

f:id:kukekko:20180203120208p:plain

点をスケッチします。

f:id:kukekko:20180203120218p:plain

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

プロファイルに、3角形と点を選択し、切り取ります。

f:id:kukekko:20180203120231p:plain

作成ドロップダウンから、ミラーを選択します。

作成ドロップダウンから、ミラーを選択します。

ミラーを2回繰り返し、立体を完成させます。パターンタイプにボディを選択します。

f:id:kukekko:20180203120246p:plain

2回めのミラー

f:id:kukekko:20180203120259p:plain

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

結合します。

f:id:kukekko:20180203120316p:plain

上に実線が現れるので、間違っている気がします。

f:id:kukekko:20180203120044p:plain

図面にするとやはり、平面図に実線が現れます。正解はどんな形状なのでしょうか?

f:id:kukekko:20180203120332p:plain