読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その7:部品を分割する

広告

ウイングタイプのワインオープナーを、部品それぞれの位置関係を調整しながらモデリングするために、 1つのデザインファイルの中でモデリングしますした。その結果、何故か、ジョイントが動作しません。 そこで、それぞれの部品を分割して、それぞれのデザインファイルに、分割することにしました。

 

このデザインファイルをそれぞれの部品に分割します

参考になるドキュメントは、これです。

「他のデザインから、コンポーネントを再使用します。(Reuse Components from Other Designs)」を翻訳する。Fusion360ヘルプ - ドローイング空間

ブラウザで、別ファイルにしたい、コンポーネントを選択し、「コピーを名前を付けて保存」を選択します。

ブラウザで、別ファイルにしたい、コンポーネントを選択し、「コピーを名前を付けて保存」を選択します。

名前を指定し、A360クラウド内のフォルダを指定し「保存」をクリックします。

名前を指定し、A360クラウド内のフォルダを指定し「保存」をクリックします。

データパネル内の保存したフォルダに表示されます。 この保存したコンポーネントは、コピーとして保存されるので、元のデーターとはリンクを持っていません。 そのため、独立した分散型の部品として使用できます。つまり、他のデザインで再利用することができます。

データパネル内の保存したフォルダに表示されます。

現在使われているコンポーネントを削除します。

現在使われているコンポーネントを削除します。

警告が表示されますが、削除します。

警告が表示されますが、削除します。

今回は、使用する部品を全て、別のデザインファイルに分離して、再度組み立てることにしますが、 デザインの部品の一部を共通部品として、独立したデザインファイルとして管理する場合は、 元のコンポーネントを削除して、独立させた部品のデザインを挿入します。 言葉では、わかりにくいと思いますので、実際に操作を行ってみます。

データパネルから、「現在のデザインに挿入」を選択します。

データパネルから、「現在のデザインに挿入」を選択します。

ジョイントが設定しやすいように、離して配置します。

ジョイントが設定しやすいように、離して配置します。

アセンブリドロップダウンから、ジョイントを選択します。

アセンブリドロップダウンから、ジョイントを選択します。

位置をキャプチャを選択します。

位置をキャプチャを選択します。

ジョイントの原点を指定します。

ジョイントの原点を指定します。

もう一方のジョイントの原点を指定します。

ジョイントの原点を指定します。

剛性ジョイントで、ジョイントします。

剛性ジョイントで、ジョイントします。

ワインオープナーは、以下の4つの部品で構成されています。

  • フレーム
  • アーム
  • 軸(スクリューと栓抜きをアセンブリして構成しています)

この時点で、口と軸は、独立したコンポーネントになっているので、同様の操作で、フレームとアームを独立したデザインに分離します。

フレームも同様に、「コピーを名前を付けて保存」します。

「コピーを名前を付けて保存」します。

名前を付けて保存します。

名前を付けて保存します。

フレームが分離できました。

フレームが分離できました。

アームも同様に、「コピーを名前を付けて保存」します。

「コピーを名前を付けて保存」します。

名前を付けて保存します。

名前を付けて保存します。

分離したアームを開きます。

分離したアームを開きます。

複写した際に構築した軸の位置がズレて、2つのアームがくっついて配置されています。

2つのアームがくっついて配置されています。

アームは、1本でいいので、片方を削除します。

アームは、1本でいいので、片方を削除します。

軸も不要なので削除します。

軸も不要なので削除します。

アームが1本になります。

アームが1本になります。

これで、必要な部品をそれぞれ別のデザインファイルに格納できました。