読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion 360の文書(CADデータ)をA360クラウドを利用して公開する

広告

Fusion360では、A360のクラウド上で、データを管理します。このクラウドからデータを公開できる機能が存在するようです。

 

仕事で使う場合は、何かの操作で公開しては行けないデータが公開されて、後悔することになりそうなので、かなり使いたくない機能です。 クラウド上でデータを管理するとは、チャレンジャーな、あるいは、有能なシステム管理者が所属する会社でしか使えないような気がしますが、 仕事で使うなら関わりたくない機能です。

個人で使う場合は、データを秘密にする必要も無いので、使い方によっては便利に使えるかと思います。 そこで、これまで、このブログで紹介してきたモデリングにより作成したデータを公開するために使用できないか試してみようと思います。

まずは、ヘルプを調べてみます。原文は、英語なので翻訳しました。実際に操作しながら、訳注と画像を追加しました。

文書を共有する

Share Documents(原文)

あなたは、ダウンロードにより、(Autodesk IDのない人々にさえ)すべての人が利用できる、 デザインを共有し、そして、作成することができます。 公開されているウェブ・リンクを使用して、デザインを共有します。

データ・パネルで、あなたが、共有したい文書のサムネイルを選択します。

右クリックして、「パブリックリンクを共有」を選択します。

右クリックして、「パブリックリンクを共有」を選択します。

「パブリックリンクを共有」ダイアログボックスで:

「このパブリックリンクを使用している任意のユーザーと最新バージョンを共有」ボックスをチェックします。

「項目のダウンロードを許可」ボックスをチェックします。

「項目のダウンロードを許可」ボックスをチェックします。

必要に応じて、「パブリックリンクにアクセスするには、パスワードが必要です」をチェックします。そして、パスワードを指定します。

パブリック・リンクをコピーするために、Copyをクリックします。

ダイアログボックスを閉じます。

リンクを使用します。:

ウェブ・ブラウザを開きます。

コピーしたURLを貼り付けます。

指定する場合、パスワードを入力します。

※訳注 登録したデータが表示されます。

コピーしたURLを貼り付けます。

※訳注 サムネイルを有効にする手間には、WebGLが有効になっている必要があるようです。

サムネイルを有効にする手間には、WebGLが有効になっている必要があるようです。

ドロップダウン・メニューから、ダウンロードするために、CADフォーマットを選択します。

※ 訳注 リストの一番上の「Fusion 360 Archive」が、 Fusion360のネイティブファイル型式だと思います。他は、すべてデータが一部欠落するはずです。

CADフォーマットを選択します。

「ダウンロード」をクリックします。

※ 訳注 e-mailアドレスの入力を求められます。

「ダウンロード」をクリックします。

※ 訳注 ダイアログが表示されます。

ダイアログが表示されます。<

※訳注 メールにダウンロードアドレスが届きますが、少し時間がかかるようです。

メールにダウンロードアドレスが届きますが、少し時間がかかるようです。

※訳注 添付ファイルを開きます。ダウンロードできました。

親のトピック:共有と共同製作(Share and collaborate:原文へのリンク)

まとめ

ヘルプでは、わかりにくいですが、相互編集できる設定ではありません。ダウンロードができるだけです。 そのため、配布には安心して利用できます。 そして、ダウンロードした方のメールアドレスもダウンロードされた回数もわからないようです。 データの記憶容量を気にせず、CADデータを拡散する方法としては、十分使いやすいと思います。