読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360のヘルプ「方針の説明 Lesson 3: ナビゲーション(Getting Oriented Lesson 3: Navigation)」を翻訳する

広告

「方針の説明 Lesson 3: ナビゲーション(Getting Oriented Lesson 3: Navigation)」を翻訳しました。

ここまで読み進めると「Getting Oriented」は、「方針の説明」は、 デザインの向きを変える操作の事の意味のきがしてきますが、どんな訳語を当てたらいいか良いアイデアが浮かびません。

この記事では、Fusion360で、パン、ズーム、オービット操作を行う方法に付いての説明がされています。

 

Lesson 3:ナビゲーション

Lesson 3: Navigation(原文)

あなたの設計のビューを操作するために、3つの方法があります。:

  • ナビゲーション・バー
  • ViewCube
  • マウスのホイール・ボタン

ナビゲーション・バー

Navigation bar

ナビゲーション・バー

キャンバスをパン、ズーム、オービットするために、ナビゲーション・バーのコマンドを使用します。右端のメニューは、表示設定とレイアウト・グリッド・オプションを制御します。

ViewCube

ViewCube

キャンバス内で、デザインをオービットするViewCubeを使用します。自由にオービットを実行するために、ViewCubeをドラッグします。 標準的な正投影図と等角図を呼び出すために、立方体の面と角をクリックします。

マウス

Mouse

ズーム・イン/アウトして、ビューをパンして、ビューをオービットするマウス・ショートカットを使用します。 マウス

拡大や縮小するために、中央のマウスボタン上でスクロールします。

ビューをパンするために、中央のマウスボタンをクリックしたままにします。

ビューをオービットするために、Shift +中央のマウスボタンを使用します。

備考

あなたは、ズーム方向の反転を選択することによって、一般的なユーザー環境設定でこれらの設定を変更することができます。

Macトラックパッド

縮小 縮小は、2つの指でつまみます。

拡大 拡大は、2本の指を広げます。

パン ビューをパンするには、2つの指を触れた状態で滑らします。

オービット ビューをオービットするには、Shiftを押したまま、2つの指を触れた状態で滑らします。

学習目的

Learning Objectives

  1. ナビゲーション・バーのコマンドを使用します。
  2. デザインを拡大し、そして、オービットするために、マウスを使用します。
  3. デザインを移動するために、ViewCubeを使用します。

必要とされるデータセット

Datasets Required

先程のレッスンから、デザインを使用します。

ステップ・バイ・ステップ・ガイド

Step-by-step Guides

Step 1:ナビゲーション・バーを使用します。

Step 1: Use the Navigation Bar

  1. オービット オービットをクリックし、円の中をドラッグします。
  2. キャンバス内でパンするために、 パン パンをクリックし、続いて、ドラッグします。
  3. ズーム キャンバス内で、拡大、そして、縮小するために、ズームをクリックし、上下にドラッグします。

オービット

Step 2:マウスを使用します。

Step 2: Use the Mouse

  1. 拡大、そして、縮小するために、前に、そして、後ろに、ホイールを回転させます。 ホイールを回転
  2. パンするために、クリックしたままにし、続いてドラッグします。
  3. デザインをオービットするために、Shiftキーを押したまま、続いて、中央のマウスボタンでドラッグします。
  4. 範囲を拡大するために、中央のマウスボタンをダブルクリックします。

備考

あなたが、パン、ズーム、オービット・ショートカット環境設定を変更する場合、それで、あなたのマウス・ホイールは、異なる動作をします。

Step 3:ViewCubeを使用します。

Step 3: Use the ViewCube

ViewCube

  1. デザインをオービットするために、ViewCubeを左クリックして、ドラッグします。
  2. 等角図へ移動する、ViewCubeの角をクリックします。
  3. 前面の正投影図ビューに移動するために、前の面をクリックします。
  4. ホーム・ビューに戻す、ホーム ホーム をクリックします。

次のレッスンでは、私たちは、データ・パネル・インターフェイスについて説明します。

親のトピック:Fusion360のヘルプ「方針の説明(Getting Oriented)」を翻訳する