読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で作成したモデルをローカルに保存する

広告

Fusion360では、普通に保存するとAutodeskが運営するクラウド上に保存されます。 モデルデータを配布したい場合、他のアプリケーションで利用したい場合は、自分のパソコン(ローカル)に保存したくなります。

adndevblog.typepad.com

>

---記事要約---

Autodesk 360クラウドサービスには、データを保存するストレージ サービス機能、 クラウド ストレージに保存されたデータを他のユーザと共有、あるいは、コラボレーションする機能、 そして、データそのものを表示する表示、あるいは、閲覧させる機能があります。

Autodesk 360 では、データをネイティブに扱うのではなく、一旦中間ファイルに変換して表示する仕組みを採用しています。

主に 2D 情報には DWF ファイル形式を、3D 情報には TPF(Transitional Packet Format) というファイル形式を用いています。

以前のAutoCAD 2011~2012 に同梱されていた Inventor Fusionが扱っていたネイティブファイル形式は DWG ファイルを使用していました。

Autodesk Fusion 360 のファイル形式は、F3D ファイル

---要約終わり---

Fusion360でローカルにファイルを保存する

エクスポートを選択します。

エクスポートを選択します。

表示されるダイアログで、「クラウド内のプロジェクトに保存」のチェックを外し、「ローカルカンピューターに保存」にチェックを入れます。

表示されるダイアログで、「クラウド内のプロジェクトに保存」のチェックを外し、「ローカルカンピューターに保存」にチェックを入れます。

保存できるファイル形式は、以下の5形式です。

  • IGESファイル(*.igs, *iges)
  • SATファイル(*.sat)
  • SMTファイル(*.smt)
  • STEPファイル(*.stp, *.step)
  • アーカイブファイル (*f3d)

タイプを選んで保存すれば、完了です。

タイプを選んで保存すれば、完了です。

どのファイルフォーマットを使えばいいの?

アーカイブファイル (*f3d)がおすすめ

アーカイブファイル (*f3d)が先ほどの記事から、Fusion360のネイティブのファイル形式のようです。 そのため、<他のCADとのデータ交換を考えなければ、この形式を使えばいいようです。

その他のファイルフォーマット

IGES(Initial Graphics Exchange Specification)

異なる種類のCAD間でデータをやり取りするための標準フォーマットとして、米国企業が中心となって作成したものです。 1981年にANSIの規格(Y14.26M-1981)として承認され、Version5.2以上で、正式に日本語(2バイト文字)にも対応しました。

2次元図面データーから、3次元CADデーターやアセンブリデータまで扱おうことが可能です。 IGESは、定められているすべての項目を網羅する必要は無いので、3D-CADの種類により、対応している項目に差が生じます。

(社)日本自動車工業会では、IGESの取り扱う項目と解釈を統一するとともに、 日本のJIS規格に準拠した寸法表記も可能にした「JAMA-IS」というIGESのサブセットを制定しました。

参考:IGESファイル

STEP (STandard for Exchange of Product model data)

STEPは、3次元CADデータだけでなく、製品の開発からサービスに至るまでのライフサイクル全体にわたり、 製品のあらゆる情報を表現するための標準フォーマットとして、ISOがISO10303として標準化を勧めるデータフォーマットです。

※ IGESとSTEPの説明については、「21年度 CAD利用技術者試験 3次元 公式ガイドブック」から引用しました。

SATファイル(*.sat)とSMTファイル(*.smt)については、どんなファイルなのかわかりませんでした。