読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その3 コマ

広告

射出成形で作成された樹脂製品は、ほとんどのものが抜き勾配を持っています。 Fusion360の現在のVersion(2.0.1909)では、抜き勾配に対するモデリングの支援が少ないので、 モデリングルートをかなり考えないと目的の形状にモデリングできません。パズル感いっぱいです。 私が、抜き勾配を持つ対象物のモデリング経験が少ないのも原因です。 今回は(も?)、何度も行き詰まり、やり直していますので、最短ルートでモデリングしたい場合は、 全体を確認して、行き止まりの手順を避けてモデリングする必要があります。

スティック糊ケース駒完成形状

 

モデリング

スケッチドロップダウンから、線分を選択し、スケッチ平面を選択します。

スケッチ平面を選択します。

まず、作図線を引きます。作図線を頼りにスケッチを描きます。 通常の線より、作図線の画層が上になっているのは、操作がしにくいので改善してもらいたいものです。

スケッチします

ミラーで複写します。

ミラーで複写します。

Fusion360には、押し出しで勾配を付ける機能がありません。 また、修正ドロップダウンの勾配は、平面にしか設定することができません。 回転でモデリングするのも方法の1つですが、そうすると溝の部分をどうするかを考える必要が発生します。

今回は、スケッチをもう1つ作成する必要があるので面倒ですが、ロフトで勾配を表現してみようと思います。 現在のVersion(2.0.1909)では、勾配を付けた形状を作成するには、機能が不親切です。 そのため、鋳物やプラスチック成形品のモデリングは、Fusion360を使うことで、より難易度が上がると思います。 もちろん、どこかに回避する方法が存在する可能性もあります。 そろそろ、Fusion360の公式チュートリアルに取り組む必要があるのでしょう。

構築ドロップダウンのオフセット平面を使用して、

構築ドロップダウンから、オフセット平面を選択します

スケッチから、10オフセットした平面を作成します。

スケッチから、10オフセットした平面を作成します。

作成した平面にスケッチします。

作成した平面にスケッチします。

何故か、スケッチ原点が変わってしまっています。 使いにくいので、スケッチを停止し、作成したオフセット平面を削除します。

何故か、スケッチ原点が変わってしまっています。

xy平面を10オフセットした平面を作成します。

xy平面を10オフセットした平面を作成します。

この作成したオフセット平面を選択し、勾配分だけ小さく、スケッチします。

※おかしな仕様設計が幾つか存在します(Version 2.0.1909)。 一般にこういった部分は、そのCADの使用頻度が高い方は、無意識で使用を避けます。 その結果、問題が存在することが認識されないため、Versionを重ねても修正されないことが多いです。 CADごとのクセみたいなものといえばそれまですが…。

  • スケッチドロップダウンのオフセットで、作図線(コンストラクション)が選択できません。
  • 作図線の画層が一番上に設定されているようで、作図線上の線をクリックで選択できません。

    この作成したオフセット平面を選択し、勾配分だけ小さく、スケッチします。

ミラーで複写します。

ミラーで複写します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

プロファイルを選択します。ブラウザからは、選択できません。 ガイドタイプで、中心線を選択した場合、x,y.zなどの基準軸は選択できませんでした。

プロファイルを選択し、ロフトを作成します

このようになります。

ロフトで形状が作成できました

面を選択します。

"面を選択します。

スケッチします。勾配がある形状では、勾配による大きさの変化も含めた大きさのスケッチが必要です。

スケッチします。

押し出します。

押し出します。

フィレットを追加します。

フィレットを追加します。

意図した形状とは異なります。

意図した形状とは異なります。

フィレットを削除します。

フィレットを削除します。

モデルビューの編集位置を変更します。

モデルビューの編集位置を変更します。

スケッチをします。スケッチ平面を選択します。

スケッチをします。スケッチ平面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

切り取りで押し出します。

切り取りで押し出します。

編集位置を変更します。

編集位置を変更します。

スケッチを編集します。スケッチアイコンをダブルクリックします。

スケッチアイコンをダブルクリックします。

スケッチを変更します。元にした形状は、溝の部分も勾配が存在しているようですが、 勾配が無い前提で周りの形状を作成してしまったので、わかりにくいように補正しています。

スケッチを変更します。

勾配を付けて押し出していないので、溝の部分に段差が付いてしまいます。 このまま進めようかと思いましたがやめて、回転で、形状を作成することにします。

勾配を付けて押し出していないので、溝の部分に段差が付いてしまいます。

慣れていないCADでのモデリングはこんなものです。 イライラしたら、コービー(紅茶?)ブレイクを取りましょう。 そのうちお腹がガポガポになります。飲み過ぎ注意です!

スケッチと押し出しを削除します。

スケッチと押し出しを削除します。

ロフトで使用した、2つのスケッチをそれぞれ修正します。

ロフトで使用した、2つのスケッチをそれぞれ修正します。

両方のスケッチのこの部分を直線から、円弧に変更します。

両方のスケッチのこの部分を直線から、円弧に変更します。

スケッチを作成します。

スケッチを作成します。

スケッチドロップダウンから、交差を選びます。

スケッチドロップダウンから、交差を選びます。

スケッチ平面上から参照したい稜線を選択すると、点が得れます。面を選択すると、線が得られます。

スケッチ平面上から参照したい稜線を選択すると、点が得れます。面を選択すると、線が得られます。

スケッチします。

スケッチします。

スケッチの部分拡大

スケッチの部分拡大

作成ドロップダウンから、円形状パターンを選択します。

作成ドロップダウンから、円形状パターンを選択します。

パターン複写します。

パターン複写します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

作成ドロップダウンから、回転を選択します。

構築ドロップダウンから、オフセット平面を作成します。

構築ドロップダウンから、オフセット平面を作成します。

作成したオフセット平面にスケッチします。

作成したオフセット平面にスケッチします。

押し出します。

押し出します。

作成ドロップダウンから、円形状パターンを選択し、コピーします。

作成ドロップダウンから、円形状パターンを選択し、コピーします。

作成ドロップダウンから、コイルを選択します。

作成ドロップダウンから、コイルを選択します。

平面を選択します。

平面を選択します。

コイルで削除します。

コイルで削除します。

完成です。

スティック糊ケース駒完成形状着色前

色を付けるために、レンダリング作業スペースに移動します。

色を付けるために、レンダリング作業スペースに移動します。

外観から、

外観をクリックします

ライブラリのプラスチック、半透明、プラスチック-半透明 マット(青)をモデルにドラッグ&ドロップします。

プラスチック-半透明 マット(青)をモデルにドラッグ&ドロップします。

シーンの設定から、

シーンの設定をクリックします

背景の色を選択し、明るさを調整します。

スティック糊ケース駒完成形状

反対側です。

スティック糊ケース駒完成形状反対側

モデリングにかなり手間取ってしまいました。