読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

はてなブログのHtml表記で、シンタックス・ハイライト(強調表示)を実現する。

Web 生活

広告

はてなブログでは、はてな表記とMarkdown表記では、シンタックス・ハイライトを実現する方法が紹介されていますが、 今のところ、Htmlでシンタックス・ハイライトを実現する方法は紹介されていないようです。

そこで、html表記で、シンタックス・ハイライトを実現する方法を紹介したいと思います。

html表記で、シンタックス・ハイライトを実現する

 シンタックス・ハイライトとは

シンタックス・ハイライトは、コードを機能ごとに色分けし、見やすく、間違いを発見しやすくする機能です。 ほとんどのエディタでは、実装されています。

ブログやホームページ上で、プログラミング関連の記事を書く際、 コードを色分け表示したほうが、見やすく、目を引くデザインの記事になります。

シンタックス・ハイライトはどのように実現するのか

コードの色分けは、タグ指定して、実現できますが、手動で行うのは、現実的ではありません。 また、表示するコードの中に、色分けのためのタグが挿入されるため、コードが見難くなってしまいます。

そこで、通常、シンタックス・ハイライトは、Javaスクリプトを使って行います。 こうすることで、コードは、そのままで、表示する際は、色分けされます。

シンタックス・ハイライトを実現するJavaスクリプト

プログラミングできる能力をお持ちの方は、ご自分で作成されても良いのでしょうが、 十分な機能を持つJava Scriptが公開されています。

私が知っているのは、 SyntaxHighlighterとgoogle-code-prettifyです。

SyntaxHighlighter

github.com

ここでは、google-code-prettifyを使用して、はてなブログのhtml表記で、シンタックス・ハイライトを実現しようと考えています。

google-code-prettifyの入手先

スクリプトは、上記のリンクで手に入りますが、Web上のプログラムを参照する設定で使用しますので、 コードの言語を指定しなければ、ここからダウンロードする必要はありません。

headタグの修正

はてなブログでは、headタグの内容を変更できます。そこで、google-code-prettifyのJavaスクリプトをheadタグに追加します。

<script src="https://cdn.rawgit.com/google/code-prettify/master/loader/run_prettify.js"></script>

記事内で、シンタックス・ハイライトを使用する

<pre class="prettyprint">と</pre>の間にコードを記述します。改行もスペースもタブも無視されずに表示されます。 また、html内で使用するため、「<」「>」「&」は エスケープ・シーケンス「&lt;」「&gt;」「&amp;」で表現する必要があります。

<pre class="prettyprint">
// ここにコードを記述します。改行もスペースも表現されます。
</pre>

シンタックス・ハイライトが使えるように設定する

では、実際に、シンタックス・ハイライトが使えるように、設定します。 はてなブログのダッシュボードから、設定を選択します。

はてなブログのダッシュボードから、設定を選択します。

詳細設定をクリックします。

詳細設定をクリックします。

下の方の「検索エンジンの最適化」の「headに要素を追加」に、先ほど紹介したスクリプトを貼り付けます。 一番下の「変更する」を押して確定します。

下の方の「検索エンジンの最適化」の「headに要素を追加」に、先ほど紹介したスクリプトを貼り付けます。

実際に動作するか確認する

記事を作成し、動作するか確認します。このコードを見たままモードの「HTML編集」の枠に貼り付けます。

<pre class="prettyprint">// ここにコードを記述します。改行もスペースも表現されます。
&lt;div id="wrapper"&gt;
	&lt;header&gt;
	&lt;!-- Begin iMenu --&gt;
	&lt;nav class="globalNavi"&gt;
		&lt;ul&gt;
			&lt;li&gt;&lt;a href="index.html"&gt;Home&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
			&lt;li&gt;&lt;a href="PC/PC.html"&gt;PC&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
			&lt;li&gt;&lt;a href="Csharp/Csharp.html"&gt;C#&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
			&lt;li&gt;&lt;a href="Illust/Illust.html"&gt;Illustration&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
		&lt;/ul&gt;
	&lt;/nav&gt;</pre>

「HTML編集」の枠に貼り付けるとこのように表示されます

プレビューできちんと動作しているか確認します。きちんと動作していますが、カラーテーマが、明るい背景用のもののようです。

きちんと動作していますが、カラーテーマが、明るい背景用のもののようです。

カラーテーマを選ぶ

カラーテーマを選びます。

Prettify Themes Gallery

skin属性に、気に入ったテーマを指定します。ここでは、暗い背景に向いたSunburstに変更します。

暗い背景に向いたSunburstに変更します。

<script src="https://cdn.rawgit.com/google/code-prettify/master/loader/run_prettify.js?lang=none&skin=sunburst"></script>

ダッシュボードから、「設定」、「詳細設定」に移動し、「headに要素を追加」の内容を変更します。「変更する」をクリックして確定します。

ダッシュボードから、「設定」、「詳細設定」に移動し、「headに要素を追加」の内容を変更します。「変更する」をクリックして確定します。

プレビュー表示で確認します。きちんと、シンタックス・ハイライトが動作していることが分かります。

プレビュー表示で確認します。きちんと、シンタックス・ハイライトが動作していることが分かります。

コード内の「<」「>」「&」をエスケープ・シーケンスに変換する

エディタでマクロを組んで、変換処理する、あるいは、正規表現で置換するのがおすすめです。

見たままモードで入力しても変換されると思います。

こちらのページに、Wordのマクロで変換する方法が紹介されています。 ※ここで紹介されているマクロでは、「&」については対応していません。

vdlz.xyz

 kukekko.hatenablog.com