ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、中華アルミフレーム20mmをモデリングする

広告

中華3Dプリンタキット(Flsun Cube)に使われているアルミフレーム(20mm)をモデリングしました。

 

Fusion360でモデリングした中華アルミフレーム 20mm

中華アルミフレーム 20mm

アルミフレームは、製造メーカーごとに形状が異なります。この中華アルミフレームもどこかに公開されたCADデータがあると思うのですが、探せなかったのでモデリングすることにしました。

基準軸を表示します。

モデリングしているうちに向きがわからなくなることがあるので、基準軸を表示します。

基準軸を表示します。

スケッチを作成します。

3D形状の作成は、スケッチを作成するところから始める事が多いです。

スケッチを追加します。

XZ平面を指定します。

XZ平面は、正面図の向きに相当します。

XZ平面を指定します。

3D-CADでは、あまり推奨されませんが、私は、スケッチを細かく作成したくなる傾向があります。

同じ部分をスケッチしないことが、早くスケッチするためのコツです。

スケッチを作成します。

全体スケッチでは、重なってよく見えない部分の拡大です。

スケッチを書き込むと細かい部分は見えなくなってしまいます。

見えない部分の拡大

なぜ、3D-CADのスケッチで、細かく書き込むことは、避けたほうが良いかというと、使用する3D-CAdによっては、スイープなどの操作でエラーが発生しやすくなるためです。

スケッチの終了をクリックして、スケッチを確定します。

スケッチを終了して、スケッチを確定します。

スケッチの終了

スケッチを押し出します。

スケッチを法線方向(スケッチに垂直な方向)に移動し、その軌跡を立体にするコマンドです。

押し出します。

20mm押し出します。

あまり長く押し出すと、形状がよくわからなくなるので控えめな長さで押し出します。

20mm押し出します。

作成ドロップダウンから、ミラーを選択します。

ミラーコマンドを使えば、半分だけ作成すれば良いので、モデリングの速度が上がります。

ミラーコマンド

パターンタイプにボディを選択し、ミラーを実行するオブジェクトを選択し、対象面を選択します。

作成ドロップダウンから、パターン、円形状パターンを選択します。

作成ドロップダウンから、パターン、円形状パターンを選択します。

作成ドロップダウンから、パターン、円形状パターンを選択します。

パターンタイプに、ボディを選択し、2つのボディを選択し、回転軸にY軸を選択し、数量4を指定して、OKをクリックします。

パターンタイプにボディを選択するのを忘れないようにしましょう。

ミラーを作成します。

完成です。必要に応じて、ボディの結合やレンダリングを行ってください。

中華アルミフレーム 20mmの完成です。

中華アルミフレーム 20mm