ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

DraftSight の無料版が使えなくなったあと、有料版に移行するのか、他の無料で利用できる2D-CADに移行するのかそこが問題だ!

広告

ダッソー・システムズが、AutoCAD互換CADのDraftSightを無料で提供していましたが、既に新規ダウンロードはできません。既にインストールしている場合は、2019 年 12 月 31 日 まで利用できます。

もともと、DraftSightの有料プランは、それほど安いと思えなかったので、今回の無料版の提供終了で、ユーザーの一定数の移行が期待できます。

 

blogs.3ds.comDraftSightの有料プランの利用価格は?

利用価格は、公式ページには書かれていないので、問い合わせる必要がありますが、いくつかの場所で、利用価格が紹介されています。ライセンスの利用数によっても価格が変化することがあるので、実際に利用する場合には、問い合わせて見積もりを請求する必要があるかと思います。

ネット上の情報から、拾い出すと

DraftSight Premium 53,900円/年

  • 強力な2D製図/3Dデザイン体験
  • 製図、モデリング、試作、製造、レーザー切断、3Dプリント
  • 生産性向上のツールとAPI

DraftSight Professional 21,900円/年

  • 高機能な、2D CAD製図ソリューション
  • 時間短縮ができ生産性が向上する、強力なツール
  • デザインを素早く実現するためのAPI

DraftSight Standard 10,900円/年

DraftSightから移行するのに適切な無料の2D-CADは?

コンピューター・アプリケーションは、それぞれ独自のユーザー・インターフェイスとファイル形式を持っているため、移行するのは、かなりの面倒が伴います。そのため、新しいアプリケーションに移行するのは、結構面倒です。

Windowsでもバージョンアップに伴い、今まで使っていたアプリケーションが、新しいOSに対応したアプリケーションが登場せずに、違うアプリケーションに行こうしなければいけなくなったときに、苦労したのと同じことが起こります。

幸い、2D-CADでは、AutoCADが、一強になっているので、「使い慣れたユーザーインターフェイス」と記述されていれば、AutoCADによく似たユーザーインターフェイスであることが多いです。

Solid Edge 2D Drafting

おそらく、DraftSight の移行先の最有力候補は、Solid Edge 2D Draftingです。

Solid Edge 2D Draftingは、シーメンスが提供する無料の2D-CADです。

有料のAutoCAD互換CAD

有料であれば、AutoCAD互換CADは、いくつも存在します。DrtftSightの有料プランに移行する前に、価格を確認したほうが良いかと思います。

cad.vdlz.xyz

その他の2D-CAD

2D-CADには、無料で利用できるアプリケーションがいくつも存在するので、同じユーザーインターフェイスに限定しなければ、選択肢は、それなりにあります。

注意点は、建築分野でよく利用されるJw_Cadは、有名ですが、機械設計用途に必須の機能が存在しないため、機械用途で使う人は、ほとんどいないということです。その機能が何なのかは、私は、残念がら知りません。

cad.vdlz.xyz