ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

粉末茶って、どれがいいの?

広告

回転寿司などで使われている粉末茶、急須を使わずにお茶が飲める上に、お茶ガラのしまつがいらない。季節の変わり目のような、熱いお茶と、冷たいお茶のどちらも飲みたいときや、お茶ガラの始末に困る職場や一人暮らしのときには重宝しそうです。

 スーパーマーケットで購入できる粉末茶は、添加物が入っていることがおおいので少し味が変だったりします。

嗜好品なので、本来のお茶の味が楽しめる無添加の粉末茶が使いたいです。
回転寿司のレジ横でも購入できますが、インターネット通販を使えば、どこかで購入できるはずです。
テレビで詳細されていた「お茶の田村」さんの粉末茶、楽天ショップやアマゾンで購入できました。

1kgで、3000円送料込(送料無料)でした。湯呑1杯で、0.4gが目安とのことです。でも、実際に飲むときは、もっと、ガバっと入れて濃いお茶を楽しむと思います。

 

抹茶入粉末緑茶1Kg

アマゾンでは、500g のパッケージがあります。

検索で見つかる他の粉末緑茶もだいたいこのあたりの価格帯です。

通販だと飲み比べるわけにも行かないし、他のお茶も知らないので、このお茶を注文することにしました。どんな味か楽しみです。

追記

高級茶葉で入れたお茶に似た渋みの少ない味がします。すこし、渋いお茶が好みの場合は、なれるまで、違和感があると思います。

急須を使用する必要が無いので、インスタントコーヒーの代わりに、お茶を飲む頻度が増え、インスタントコーヒーの消費量をへらす効果もあります。急須を使う、お茶ガラを捨てる面倒がまったくなくなり、毎回、急須で、茶葉を新しくしたときの味を楽しめます。

価格面からも、急須で入れるお茶に戻す可能性は少ないと思います。

急須を使わない分、お湯の温度が下がりにくいので、電気ポットの設定は、80℃にして、使用すると飲みやすいです。

粉末にした茶葉ごと飲むことになるので、カフェインを多めに摂取することになるようです。就寝時間が近くなったら飲まないことをおすすめします。