ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

訪日外国人対策の決定版?ソースネクストが、販売する、通訳デバイス「POCKETALK」

広告

ソースネクストは、専用の翻訳ディバイスとして、「POCKETALK(ポケトーク)」を販売しています。英語だけでなく、50ヶ国語に対応しているので心強いアイテムです。

 

インバウンドブームも一段落し、外国人観光客を見かけるのも珍しくなくなってきました。しかし、外国人に、英語で話しかけれれても困ってしまいます。観光地で使う会話や観光地の説明、ショッピングで使う会話、飛行機や電車の予約や目的地に至る経路を尋ねる際に使う会話、ホテルなどで使う会話は、それぞれ異なります。

日本人が、日本国内で旅行する際にも、飛行機や電車の時刻の確認、チケットの予約や購入、道を尋ねたり、ホテルや旅館の予約など、慣れていなければ、戸惑うことばかりです。

海外旅行に限らず旅行好きであれば、旅行の際困る事、知っていれば便利なことが、その経験から感覚的に理解できます。更に、海外旅行が好きなら、ポイントポイントで使用する定型文は、必要に迫られて暗記しているものも多いと思います。

旅行好きでも外国語が得意でなくても、訪日する外国人がもたらす売上は、可能な限り捕まえ、更に満足して帰国してもらい、通販で継続購入してもらいたいと考えるものだと思います。

百貨店のような、高度な人材を育成保持する体力がなければ、片言の外国語の対応が可能な人員の確保も難しいのが現実だと思います。そんなときに、目にとまるのが、翻訳ディバイスPOCKETALK(ポケトーク)」です。

外国に旅行に行く際、外国語に不安があるならぜひ購入しておきたいアイテムです。

そして、外国人が頻繁に訪れる小売店でもあれば安心アイテムです。
注意点は、個人向けとビジネス向けは、別製品になっており、価格が異なります。ビジネスで利用する場合は、ビジネス向けを使用しましょう。

特にビジネス用途では、スマホ向けのサービスがあっても、従業員個人のスマホを使用して対応してもらうのには、本体価格、基本料、通信サービス料の従業員と雇用企業の負担の問題があるので、従業員の個人のスマホを利用してもらうのには無理があります。専用の翻訳ディバイスという形態が向いていると思います。

便利ツールを持っていたとしても、基本的なフレーズは、覚えておきたいものです。「接客英会話」で検索をすると多くのサイトが見つかるので、それを参考にして、自分用の接客英語フレーズ集を作っておきたいものです。

接客英会話

 

外国人に対応するには、スーパーやコンビニでよく見かける偽札対策の「両替お断り」など、トラブルを回避する対策が必要とおもいますが、見つかりやすい場所に対策の情報がありません。このあたりは、今のところ、自分で探すしかないようです。

テレビの「和風総本家」で取り扱われているような、ノコギリ、ノミ、カンナ、ハサミ、包丁、工具や楽器など、今まで、観光客とはあまり関係のないものまで、外国人に直接販売できる機会がすぐそこにあるのかもしれません。