ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、液体調味料入れの注ぎ口のパイプをモデリングする

広告

Fusion360で、液体調味料入れをモデリングする続きです。

これまでに、ボトル、蓋とモデリングしてきました。今回は、注ぎ口をモデリングします。

f:id:kukekko:20170704145008p:plain

 

kukekko.hatenablog.com

 

 

kukekko.hatenablog.com

 

ファイルメニューをクリックして、新規デザインを選択します。すべてのデザインを閉じると表示される無題のタブを使用しても構いません。

ファイルメニューをクリックして、新規デザインを選択します。

軸と原点を表示させます。基準平面は非表示にします。基準軸を表示することで、モデリングする際に、向きや位置を見失うのを防ぎます。

軸と原点を表示させます。基準平面は非表示にします。

「スケッチを作成」を選択します。

「スケッチを作成」を選択します。

スケッチ平面にXY平面を選択します。

XY平面を指定

スケッチします。

f:id:kukekko:20170704145040p:plain

「スケッチを作成」を選択します。

「スケッチを作成」を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

スケッチ平面にXZ平面を選択します。

スケッチを描きます。

f:id:kukekko:20170704145057p:plain

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。

2つのスケッチを利用して、スイープで立体を作成します。

f:id:kukekko:20170704145116p:plain

修正ドロップダウンから、物理マテリアルを選択します。

修正ドロップダウンから、物理マテリアルを選択します。

メタルから、ステンレス鋼を選択し、ボディにドロップダウンします。

f:id:kukekko:20170704145129p:plain

ブラウザで、ボディ以外を非表示にして完成です。

f:id:kukekko:20170704145149p:plain

注ぎ口の完成です。

f:id:kukekko:20170704145008p:plain