読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

やわらか唐揚げテクニック

広告

やわらかい唐揚げを作る方法は、インターネットやTVでいろいろ紹介されています。どんな方法があるのか調べてみました。

お肉に工夫

  • 水に浸ける

    鶏肉が水分を吸収して、揚げた時に水分だけが蒸発することで肉が柔らかくなる。揚げる前に、ゆでるレシピも存在します。

  • 炭酸水に浸ける

    酢がお肉のタンパク質に作用して柔らかくなることから、同じ酸の炭酸水でも肉を柔らかくする効果があります。

  • ホークで刺す

    水や調味液が入りやすくなるのとともに、肉の繊維を切断します。/p>

  • 隠し包丁を入れる

    繊維の向きに垂直に切れ目を入れて、繊維を短くします。

漬け込む調味料に工夫

  • 酒を入れる

    やわらか唐揚げのレシピでは、漬け込む調味料にお酒やワインが入っているものがおおいです。

  • みりんを入れる

    酒とみりんは、同系統の調味料なので、お酒に分類してもいいのかもしれません。

  • 塩麹につける

    塩麹に含まれる酵素がお肉のタンパク質に作用してお肉が柔らかくなる

  • マヨネーズを入れる

    マヨネーズに含まれる酢がお肉のタンパク質に作用して柔らかくなる

  • 酢を入れる

    酢がお肉のタンパク質に作用して柔らかくなる。味への影響が大きいので使用する際には注意が必要。

  • パイナップル・ピューレやパイナップルジュースを入れる

    漬け込む調味料に隠し味的に使用します。酵素がお肉を柔らかくします。下ごしらえとして、味付けの前に漬け込む方法もあるようです。他の果物をおろしたものやジュースでも同じような効果があるかもしれません。

  • 牛乳を入れる

    大さじ1杯ほど入れます。

  • ヨーグルトを入れる

    大さじ数杯

  • パン粉を入れる

    漬け込む調味料にパン粉を入れます。パン粉の効果で冷えても柔らかさが持続します。

  • 玉ねぎやニンニクをおろしたものを入れる

    玉ねぎやニンニクをおろしたものに肉を入れておくとお肉が柔らかくなります。

粉に工夫

などを使ったレシピがあります。

粉を付けて揚げる場合と粉に調味液やたまごを加えて、ドロッとした衣に浸して揚げる方法があります。