読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

外国人店員トラブル、集めて公開!ウッハウハ!!

広告

クリップラインでは、外国人店員の教育動画を提供しています。

clipline.jp

 飲食店では、外国人店員に活躍してもらうのが、成功のカギと考えられています。海外に留学して、バイトに時間を使うのは、バイトで留年する大学生のように残念な気がしないでもないです。ただ、飲食店では、外国人店員に頼っているのが現実です。

 飲食店で、外国人店員に働いてもらう際に問題になるのは、教育問題です。

 外国人には、馴染みののない居酒屋の接客術、「クリップライン」は、飲食店で発生するさまざまな場面を動画コンテンツとして配布するサービスです。

 

 

文字で説明されたマニュアルが、動画マニュアルになることで、外国人店員が効率的に作業を理解してもらうことが可能になります。また、動画として用意することで、外国語の動画コンテンツも用意することができます。業務に精通して、日本語と外国語に堪能なスタッフを用意するよりも現実的です。

 飲食店で、外国人店員に働いてもらう際に発生するトラブルは、さまざまなジャンルの飲食店でも、ほぼ、同じトラブルが発生しているそうです。店舗のスタッフが、外国人店員に理解してもらうような説明ができるかというと、かなり困難です。

 例えば、

 挨拶のお手本、手の洗い方、まな板の消毒方法、日本語のあいまいさがトラブルにつながるケース

 チェーン店では、特に、動画マニュアルを用意することで、研修の効率化を図ることができ、外国人店員の戦力化までの期間を短縮できます。

 本来は、研修コンテンツや動画マニュアルは、社内で用意するのが望まれます。「クリップライン」では、既成の動画コンテンツを社員教育マニュアルの作成に、予算や時間、ノウハウの蓄積ができていない企業に提供しています。

 今後、介護やヘルスケアに関する動画コンテンツも用意していく予定があるそうです。

 この、「クリップライン」のビジネスモデルから、私たちが考えることは、本業とは別に、教育や手順を動画やマニュアルにすることで、社内で利用するともに、売るための商品として利用できるということです。かなり内容が充実していないと販売は難しいかもしれませんが、多くの人が変わる業種では、トラブルの種類やその対応に関するノウハウも蓄積されているはずです。それを利益かする視点は常に持っておきたいものです。