読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「Lesson 2 投影図と詳細図」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

前回に引き続き、図面を作成する機能についてのヘルプの翻訳です。投影図と詳細図の作成方法に関する説明です。

 

Fusion360は、個人利用やスタートアップでは無料で利用できる3D-CADです。 お使いのパソコンにセットアップする方法については、以下のリンクを参照してください。

参考:Fusion360のダウンロードとインストール

翻訳

Lesson 2 投影図と詳細図

Lesson 2: Projected Views and Detail Views

投影図を作成し、表示プロパティを編集し、そして、詳細図を作成します。

学習目的

Learning Objectives

投影図を作成します。

Create Projected Views

  1. 表示プロパティを編集します。

    Edit View Properties

  2. 詳細図を作成します。

    Create Detail Views

  3. 製図レイアウトに追加するための手順

    Steps for Adding to the Drawing Layout

Step 1:投影図を開始します。

Step 1: Initiate a Projected View

今、私たちは、モデル・アセンブリの基準となる表示を作成しました。 投影図を作成し、そして、完全な製図レイアウトを作成するために、それらのプロパティを編集しましょう。

  1. Viewのツールバーから、投影図を選択します。
  2. 親の表示として、それを選択するために、基準となる表示をクリックします。その投影図から、作成され、関連付けられるでしょう。

Viewのツールバーから、投影図を選択します。

Step 2:ビューを配置します

Step 2: Place the Views

  1. カーソルを、基準となる表示の右側へドラッグします。そして、投影図が、この位置に基づいて、プレビューされることに注目してください。
  2. 投影図を配置するために、既存の基準となる表示の右側を選択します(クリックします)。
  3. 2つ目の投影図を配置するために、既存の基準となる表示の下を選択します。
  4. タスクを完了するために、Enterを押します。

ビューを配置します

備考

投影図は、親から、すべてのそのプロパティを継承します。親の表示のプロパティが変更されるとき、 投影図に対応するプロパティもまた、変更されます。 あなたは、それをダブルクリックすることで、投影図のプロパティを変更することができます。

Step 3:基準となる等角表示を作成します。

Step 3: Create an Isometric Base View

  1. Viewのツールバーから、基準となるビューを選択します。

    http://help.autodesk.com/cloudhelp/ENU/Fusion-Drawings/images/GUID-72319A9F-9275-4619-BC56-0E4679FD823B.png

  2. 表題欄の上のシートレイアウトの右下に、ビューを配置するためにクリックします。
  3. 方向を、NE等角に設定します。
  4. ビューを確定するために、OKを押します。

    方向を、NE等角に設定します。

備考

投影図は、親から、すべてのそのプロパティを継承します。親の表示のプロパティが変更されるとき、投影図に対応するプロパティもまた、変更されます。あなたは、それをダブルクリックすることで、投影図のプロパティを変更することができます。

投影図と表示オプションについて

投影図は、それが作成された基準となる表示と親-子関係を維持します。 それらは、親の基準となる表示から、それらのプロパティを継承します。 必要に応じて、あなたが、投影図を作成したあと、あなたは、それらを上書きすることができます。

投影角は、投影図を作成するために使用される方法を定義します。

第一角法:

あなたが、第一角法を使用すると基準となる表示の右側に配置される投影図は、 それを左から見るときの外観を表します。基準となる表示の下に配置される投影図は、上からの外観を表します。 ISO製図規格は、製図は、第一角法を使用することを指定しています。 既定では、図面様式が、ISOに設定されると、Drawings作業スペースは、第一角法を使用するでしょう

第一角法

第三角法:

あなたが、第三角法を使用すると基準となる表示の右側に配置される投影図は、それを右側から見るときの外観を表します。 基準となる表示の下に配置される投影図は、下からの外観を表します。 ASME製図規格は、その製図が、第三角法を使用することを指定します。 既定では、図面様式が、ASMEに設定されると、Drawings作業スペースは、第三角法を使用するでしょう

第三角法

レイアウト表示を編集するための手順

Steps for Editing the Layout Views

Step 1:基準となる等角表示を編集します

Step 1: Edit the Isometric Base View

今、あなたは、モデルの基準となる表示といくつかの投影図を作成しました。 さらに、表示レイアウトをカスタマイズするために、表示プロパティ設定を使用するでしょう。

  1. それをアクティブにするために、等角投影図の選択範囲のどこかをダブルクリックします。
  2. 表示プロパティ・ダイアログで、基準となる表示を拡縮するために、寸法ドロップダウンリストから1:1を選択します。
  3. 製図表示の変更を受け入れるために、Closeをクリックします。

    寸法ドロップダウンリストから1:1を選択します。

Step 2:右投影図を編集します

Step 2: Edit the Right Projected View

  1. それをアクティブにするために、右投影図の選択範囲の中のどこかをダブルクリックします。
  2. 表示プロパティ・ダイアログで、この表示の中で、表示されていない線を表示するために、 Styleドロップダウン・リストから、表示、そして、隠れた稜線を選択します。
  3. 製図表示の変更を受け入れるために、Closeをクリックします。

    Styleドロップダウン・リストから、表示、そして、隠れた稜線を選択します。

備考

一旦、投影図プロパティが変更されると、それらは、もはや、基準となる表示の設定を継承しません。 あなたが、「親から」に戻ってプロパティを変更する場合、それらは、もう一度、親の表示からプロパティを継承します。

Step 3:下投影図を編集します

Step 3: Edit the Bottom Projected View

今、あなたは、モデルの基準となる表示といくつかの投影図を作成しました。 さらに、表示レイアウトをカスタマイズするために、表示プロパティ設定を使用するでしょう。

  1. それをアクティブにするために、下投影図の選択範囲の中のどこかをダブルクリックします。
  2. 表示プロパティ・ダイアログで、この表示の接線の稜線全部の長さを表示するために、接線稜線ドロップダウンリストからFull Lengthを選択します。
  3. 製図表示の変更を受け入れるために、Closeをクリックします。

    接線稜線ドロップダウンリストからFull Lengthを選択します。

表示プロパティについて

About View Properties

表示されていない線:

基準となる表示内で選択された表示されていない線を表示するために、 Styleドロップダウン・リストから、表示された、そして、隠れた稜線、 あるいは、陰の付いた表示された、そして、隠れた稜線を選択します。 隠れた線の表示は、線、稜線と他のオブジェクトを抑制するか、公開します。 それは、他の立体物の背後に配置されています。 この表示プロパティは、視覚的に、内部の作業や複雑なアセンブリの次元や部品の情報をやりとりしようとするとき、 特に役に立つかもしれません。

Hidden Lines OFF

Hidden Lines OFF

Hidden Lines ON

Hidden Lines ON

接線の稜線:

選択された基準となる表示の接線の稜線を表示するために、ドロップダウン・リストから、Full length、Shortened、あるいは、 Off選択します。 接線の稜線は、平面と角の丸い稜線の間で、遷移をマークします。最も一般には、フィレットをつけられた稜線として見られます。

Tangent Edges Off

Tangent Edges Off

Tangent Edges Shortened

Tangent Edges Shortened

Tangent Edges Full Length

Tangent Edges Full Length

干渉エッジ:

選択された基準となる表示の中の干渉エッジの表示されるために、ドロップダウン・リストから、onやoffを選択します。 2つのコンポーネントの2つの面が交差するとき、干渉エッジが、発生します。 干渉エッジがオンにされるとき、稜線は、2つのコンポーネントが、接触するところを表示されます。 有効にすると、関連する製図表示は、以前に、干渉状態のために除外された、隠れている、そして、表示される稜線の両方に表示されます。 干渉は、圧入や締り嵌めと(穴が谷の径を使用してモデル化される)タップ穴内のねじ部品が含まれています。

Interference Edges OFF

Interference Edges OFF

Interference Edges ON

Interference Edges ON

詳細図を作成するための手順

Steps for Creating a Detail View

詳細図は、拡大ビューの特定の部分を示す投影図です。

  1. Viewツールバーから、詳細図を選択します。

    Viewツールバーから、詳細図を選択します

  2. 親の表示として、右端投影図を選択します。
  3. 詳細の境界線のための中心点をクリックします。(下記の画像で示すように)。
  4. 詳細図の境界線のサイズを指定するために、再び、クリックします。
  5. 図面の空いた領域内に、詳細図を配置するために、クリックします。
  6. 表示プロパティ・ダイアログで、より大きな詳細図を作成するために、Scaleドロップダウンリストから、2:1を選択します。
  7. 詳細図を作成するために、OKをクリックします。

    詳細図の境界線のサイズを指定するために、再び、クリックします。

移動するオブジェクトのための手順

  1. それを選択するために、オブジェクトのどこかをクリックします。
  2. オブジェクトの中心の灰色のグリップをクリックします。
  3. オブジェクトのための新しい位置をクリックします。

    備考

    移動動作は、すべての表示、テキストオブジェクト、寸法と吹き出しために、同じ方法で動作します。

    オブジェクトのための新しい位置をクリックします。

  4. 4. あなたの製図上のオブジェクトの周りを移動します。そのため、それらは、うまく間隔をあけます。 描画スペースの右上部分を残します。私たちは、後で、部品表をそこに配置します。

現在、図面は、次のようになります。

完成した図面

次のレッスンでは、私たちはテキストとリーダー覚え書きを調べます。