読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

「Lesson 1:製図表示の紹介」を翻訳する。Fusion360ヘルプ

広告

Fusion360は、個人やスタートアップで使用する場合は、無料で利用できる3D-CADアプリケーションです。

参考:Fusion360のダウンロードとインストール

それを操作する際、ドキュメントを読まないと気が付かない機能があります。そして、ドキュメントの殆どは英語です。 そのため、一気に読むことはできませんが、ちょこちょことそのドキュメントを翻訳することにしています。

今回、3Dモデルから、図面を作成する機能について確認したいと思い、 Fusion360の「Drawings」の項目の「Hands-on exercises」の内容を確認して見ることにしました。

 

Fusion360 HELPでは、それぞれの項目が、以下のように分かれています。

  • Concepts
  • How-to
  • Hands-on exercises
  • Reference

私は、知りたい項目の「Hands-on exercises」をまず確認することにしています。

翻訳

Lesson 1:製図表示の紹介

Lesson 1: Introduction to Drawing Views

製図表示、新しい製図を開始する、そして、基本的なViewを配置することについて学びます。

学習目的

Learning Objectives

  1. 製図表示とは?

    What are Drawing Views?

  2. 新規図面を開始します

    Initiate a New Drawing

  3. 基本的な表示を配置します

    Place a Base View

製図表示は、3次元モデルの2D投影が含まれている、オブジェクトです。

あなたが、Fusion 360モデル環境からの製図を作成するとき、 システムは、自動的に、Drawingスペースの新しいタブを立ち上げます。 そして、あなたが選択するコンポーネントの2D投影を作成します。 作成した製図表示は、基準となる表示と呼ばれます。 一旦、あなたが製図で、基準となる表示を配置すると、 あなたは、それから、直交した等角投影図を作成することができます。 投影表示は、基準となる表示の特徴を持っています。 そして、別の角度から見た図形を投影します。

マーキング・メニューについて

About the Marking Menu

マーキング・メニューは、最も頻繁に使用されるコマンドのラジアル表示です。 それは、また、ツールバー内で、すべてのコマンドを見つける、 素早いアクセスを提供するオーバーフロー・メニューが含まれています。

マーキング・メニューを使用することは、作業スペースで、コマンドを入力するための最速の方法です。 あなたは、製図キャンバスの範囲内で、どこでも右クリックすることによって、 マーキング・メニューにアクセスすることができます。

マーキング・メニュー

あなたが、コマンドに向かって、マーキング・メニューの中心からカーソルを移動すると、くさび型に強調表示されます。 くさびで、どこかをクリックすると、コマンドが立ち上がります。

製図を作成するための手順

Steps for Creating a Drawing

Step 1:モデルを保存します

Step 1: Save the Model

ユーティリティ・ナイフ・デザインを開き、以下のことを行います。:

  1. モデルが、「読込専用」(タイトル・バーで示されています)の場合、ファイル > 名前を付けて保存をクリックします。

    備考

    たとえモデルが「読込専用」でないとしても、あなたは、モデルの元のバージョンを保存するために、 名前を付けて保存コマンドを使用したいかもしれません。 改訂の履歴は保持されますが、そして、あなたは、元の設定に戻ることができます。 モデルの新しい別のバージョンに限定して、あなたの変更を保有するといいかもしれません。

  2. 必要に応じて、あなたのトレーニング・モデルを格納するプロジェクトを新規作成します。 それを行うために、+ Projectをクリックします。 プロジェクト名を指定し、そして、Enterを押します。 短い一時停止の後、新しいプロジェクトは、アクティブ・プロジェクトになります。 そして、空白のファイルリストは、保存ダイアログの右側に表示されます。
  3. 必要に応じて、あなたのトレーニング・モデルを格納するプロジェクト内に、フォルダを新規作成します。 フォルダ名を指定し、そして、Enterを押し、それを行うために、+ Folderをクリックします。 それを現在のファイルの保存場所を作成するために、新しいフォルダをダブルクリックします。
  4. 「保存」をクリックします。

Step 2:新規図面を開始します

Step 2: Initiate a New Drawing

  1. 1. 一番上のメニューバーで、ファイルをクリックします。
  2. 2. ファイル・ドロップダウン・メニューから、「新規図面」 -> 「デザインから」を選択します。

ファイル・ドロップダウン・メニューから、「新規図面」 -> 「デザインから」を選択します。

Step 3:アセンブリを選択する

Step 3: Choose the Assembly

  1. ダイアログで、すべてのアセンブリ・オプションをアクティブにします。(それが、すでにチェックされていない場合)。
  2. ドロップダウンリストの図面の様式からASMEを選択します。
  3. 単位ドロップダウンリストから選択します。
  4. 用紙サイズのために、B (17in x 11in)オプションが、選択されることを確認します。
  5. 製図を開始するために、OKをクリックします。新しいファイル・タブが、自動的に作成されることに注意してください。

図面のパラメータを設定する

備考

あなたが、新規図面ダイアログで、全部のアセンブリのチェックをはずす場合、あなたは、アセンブリの一部の製図を作成する、それぞれ、 あるいは、複数のコンポーネントを選択することができます。

ヒント:

複数のコンポーネントを選択するとき、それは、Ctrlを押しながらのクリックを使用すると役立ちます。

あなたは、あなたが製図を作成する前に、図面様式、単位と用紙サイズを設定することができます。 しかしながら、あなたが、新しい製図を作成したあと、あなたは、図面様式や単位を変更することができません。

Step 4:基準となる表示を確定します

Step 4: Commit a Base View

  1. あなたのカーソルを画面に移動します。基準となる表示プレビューが、カーソルに添付されていることに注意してください。
  2. 表示を配置するシートの左上のクアドラントをクリックします。
  3. 表示を確定するために、OKをクリックします。

基準となる表示を配置する

備考

表示が確定されたあと、影付きのプレビューは、2Dの線画の表示に仕上がります。

次のレッスンでは、私たちは、投影表示と詳細表示を、どのように作成するかを学びます。