読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360 モデリング 一覧

Fusion360 Fusion360(目次)

広告

はてなブログでは、目次ページを作成することができないので、 Fusion360モデリングしてきたデザインの記事に移動できるリンクページを作成しました。

Fusion360で実際にモデリングを行うことで、操作を習得することを目的としたモデリング手順です。

 

モデリングしたデザイン

ヤマトのアルミフレーム YF2020

ヤマトのアルミフレーム

インターネット上で、公開されているDxfファイルのデーターを使って、立体を作成する方法です。 Fusion360は、内部ではcmを基準にしているので、取り込んだファイル・サイズは、おそらくすべてのデーターで10倍になります。 拡大・縮小機能を利用して、目的の大きさに変更してから使用する必要があります。

Fusion360で、dxf形式のデータから立体を作成する。

モデルデータ

4角ナット[M4]

4角ナット

4角ナットは、単純な形状なので、初心者がモデリングするのにピッタリと思ったのです。 しかし、Fusion360を作成した側の人達には想定されていなかったようです。引っ掛かりどころ満載でした。 このモデリングに挑戦した段階では、コーナー・チャンファー(角の面取り)機能は用意されていなかったでので、面倒なモデリングをしています。 また、ネジ穴の面取りについても配慮されていなかったので、面取りをした下穴にネジを作成すると面取りの部分にネジが追加されません。 ネジを追加してから面取りをする必要があります。すると回転で削除して面取りを作成するか、作成してから、順序を変更する必要があります。

Fusion360で、4角ナットをモデリングします。

Fusion360で、角の面取り(coner chamfer)に、面で分割する方法で挑戦する。

Fusion360で、角の面取り(coner chamfer)に、3つの稜線の面取りを行い、不要な面取りを削除する方法で挑戦する。

Fusion360では、面取りをした穴に、ねじを作成すると端まで面取りされない。

モデルデータ

スチールブラケット YSB-3014-4

スチールブラケット YSB-3014-4

アルミフレームの固定に使用します。手元に部品がないので、フィレットや3角ノッチはモデリングしていません。 このモデリングを通して、Fusion360の図面機能では、投影図に寸法を入力できないことに気が付きました。

Fusion360で、L字金具、スチールブラケット YSB-3014-4をモデリングする。

モデルデータ

M4第1種ナット

M4第1種ナット

第1種ナットとは、普通の6角ナットのことです。M4ナットのCADデータは、STEPなどの汎用系式のモデルデータであれば簡単に入手できますので、 あえてモデリングする必要は、モデリングの練習以外では存在しません。でも、3D-CADでは、必ずモデリングしてしまう形状です。

Fusion360で、M4ナットを作成する

4角ナットの時と同様に、ネジ穴の面取りについても配慮されていなかったので、 面取りをした下穴にネジを作成すると面取りの部分にネジが追加されません。 ネジを追加してから面取りをする必要があります。すると回転で削除して面取りを作成するか、作成してから、順序を変更する必要があります。

Fusion360では、面取りをした穴に、ねじを作成すると端まで面取りされない。

ネジなどの汎用的なモデルデータは、既存のモデルデータを使用して、モデリングの時間と手間を削減するのが一般的です。 Fusion360では、パーツライブラリが用意されています。

Fusion360で、パーツ・ライブラリを使用する

規格品などで、形が同じで、寸法が異なるデザインでは、寸法をパラメーター化すると、複数のサイズの形状を効率的に作成できます。

Fusion360(Version 2.0.1791)では、ポリゴンは、寸法を明示しないとパラメーター化した際に表示されない。

ゆるみ止めベアリングナット

ゆるみ止めベアリングナット

ナットに類似した形状のものとして、ゆるみ止めベアリングナットをモデリングしました。

Fusion360で、ゆるみ止めベアリングナット 四角タイプをモデリングする

モデルデータ

M10x1.0細目ねじ」 「M10x1.5並目ねじ」 「M12x1.0細目ねじ

マブチモーターFA-130RA

マブチモーターFA-130RA

電動玩具を3D-CADでデザインしたい時、形状を確認するために、モーターのモデルがあると便利なようです。

Fusion360で、マブチモーター FA-130RAをモデリングします。

モデルデータ

木製の洗濯バサミ

木製の洗濯バサミ

木製の洗濯バサミをモデリングしました。バネの位置調整は、試行錯誤で行っています。 アセンブリでは、どうやってアセンブリするかわからなかったので、配置しただけです。

  1. Fusion360で、木製の洗濯バサミをモデリングする。その1、本体のモデリング
  2. Fusion360で、木製の洗濯バサミをモデリングする。その2、バネを作成します。
  3. Fusion360で、木製の洗濯バサミをモデリングする。その3、配置

モデルデータ:「本体」 「バネ」 「アセンブリ

六角穴付きボルトM4-16

六角穴付きボルトM4-16

六角穴付きボルトをモデリングしました。CADデータは、STEPなどの汎用系式のモデルデータであれば簡単に入手できますので、 あえてモデリングする必要は、モデリングの練習以外では存在しません。ローレット目は、モデリングしていません。

Fusion360で、六角穴付きボルトM4-16をモデリングする。

モデルデータ

ボルトとナットの間にジョイントを設定する

ボルトとナットの間にジョイントを設定する

ボルトとナットの間にジョイントを設定します。Fusion360アセンブリは、ジョイントという概念を使用します。 独特のコマンドなので、あらたに理解する必要があります。

Fusion360で、ボルトとナットの間にジョイント設定を設定する。

モデルデータ

スティックのりケース

スティックのりケース

スティックのりケースをモデリングします。簡単そうに見えても、樹脂成形品は、かなり歯ごたえのあるモデリングになります。

  1. Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その1フタ
  2. Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その2 シリンダ
  3. Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その3 コマ
  4. Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その4 軸
  5. Fusion360で、スティックのりケースをモデリングする。その5 アセンブリ

モデルデータ: 「ふた」 「シリンダ」 「コマ」 「」 「アセンブリ

カッターナイフ・フォルダー

カッターナイフ・フォルダー

Fusion360では、特に面倒なことをしなくても、本物のようなレンダリングが簡単に作成できます。 そのため、モデリングを完成した後の達成感が高まります。

アセンブリ機能が使えるので、身近にある形状を実際にモデリングすることができます。それほど簡単ではありませんが、挑戦するとおもしろいかもしれません。 あまり簡単なものだと完成した後の達成感が少なくなるので、そのあたりのバランスが重要です。

  1. Fusion360で、カッターナイフ・フォルダーをモデリングする。その1 本体
  2. Fusion360で、カッターナイフ・フォルダーをモデリングする。その2 キャップ
  3. Fusion360で、カッターナイフ・フォルダーをモデリングする。その3 バネ
  4. Fusion360で、カッターナイフ・フォルダーをモデリングする。その4スライド
  5. Fusion360で、カッターナイフ・フォルダーをモデリングする。その5 アセンブリ

モデルデータ: 「本体」 「キャップ」 「バネ」 「スライド」 「アセンブリ

ダブルクリップ

ダブルクリップ

Fusion360では、板金モデリングに対応していないので、展開できません。 そのため、チュートリアルとしては、面白みが少ないのですが、 形状が簡単そうなのでモデリング対象としては、適していると考えモデリングしました。 でも、なぜ、ダブルクリップという名前なんでしょうか。

  1. Fusion360で、ダブルクリップをモデリングする。その1本体
  2. Fusion360で、ダブルクリップをモデリングする。その2ハンドル
  3. Fusion360で、ダブルクリップをモデリングする。その3アセンブリ

モデルデータ

ハサミ

これまでと異なり、画像を下書きにしてモデリングしています。

ハサミ

  1. Fusion360でハサミをモデリングする。その1 右側
  2. Fusion360でハサミをモデリングする その2 左側
  3. Fusion360でハサミをモデリングする。その3アセンブリ

モデルデータ: 「右側」 「左側」 「アセンブリ

Wolf Gartenの種まき機EA-M

種まき機EA-M

Wolf Gartenの種まき機EA-Mを購入したので、記念にモデリングしました。一部採寸ミスで、実物とはサイズが異なります。 Fusion360で、樹脂成形品をモデリングするのは、かなり面倒なことを実感しました。

  1. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その1:軸)
  2. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その2:軸に付属する細かい部品)
  3. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その3:軸カバーの止め輪)
  4. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その4:軸カバーの基本形状)
  5. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その5:軸カバー上)
  6. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その7:軸カバー下)
  7. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その8:軸アセンブリ)
  8. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その9:フタ)
  9. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その10:円盤)
  10. Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その11:アセンブリ)

モデルデータ

スプレーボトル

スプレーボトル

これも樹脂成形部品のモデリングです。かなり大変でした。

モデルデータ

3.5mmφステレオ・ピン・プラグ(樹脂封入型)

3.5mmφステレオ・ピン・プラグ(樹脂封入型)

3.5mmφステレオ・ピン・プラグ(樹脂封入型)です。見えない部分の形状は適当です。

3.5mmφステレオ・ピン・プラグ(樹脂封入型)をモデリングする Fusion360

モデルデータ

スピーカー

スピーカー

スピーカーです。スケッチのオフセットで作成した形状は、拘束が予告無しで削除されるので、形状が維持できないことに気が付きました。 そのため、オフセット機能で作成しようとしていた配線はモデリングしていません。バージョンアップで改善されることを望みます。

  1. スピーカーのフレームをモデリングする。Fusion360
  2. スピーカーのコーンをモデリングする Fusion360
  3. スピーカーの磁石モジュールをモデリングする Fusion360
  4. コイルと配線をモデリングし、スピーカーを完成させる。 Fusion360

モデルデータ

ワインオープナー

ワインオープナー

接触セットのヘルプの中で、ワインオープナーが取り上げられていました。自分でモデリングしたくなったので、モデリングしてみました。 接触セットで、アームと軸を動かそうとしましたが、私の使っている環境には重すぎてまともに動かすことができませんでした。

  1. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その1:口
  2. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その2:フレーム
  3. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その3:アーム
  4. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その4:栓抜き
  5. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その5:スクリュー
  6. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その6:軸をアセンブリで組み立てる。
  7. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その7:部品を分割する
  8. ウイングタイプのワインオープナーをFusio360で、モデリングする。その8:分割した部品を組み立てる

モデルデータ

 

kukekko.hatenablog.com