読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、アセンブリデータをダウンロードする方法

広告

Fusion360でモデリングしたデータは、クラウド上で管理されます。 ローカルにモデルデータをダウンロードする場合は、ファイルドロップダウンから、エクスポート・コマンドから出力します。 Fusion360のモデルデータのネイティブ型式は、「f3d」です。アセンブリデータデータは、「f3z」です。

ところが、アセンブリデータは、ファイルドロップダウンから、エクスポート・コマンドから出力できません。 そのため、A360クラウドメニューから出力する必要があります。

 

参考:Fusion360で作成したモデルをローカルに保存する

ファイルドロップダウンから、エクスポートを選択します。

ファイルドロップダウンから、エクスポートを選択します。

複数のデザインで構成されるアセンブリでエクスポートを選択するとエラーが表示されます。

エラーが表示されます。

タイプメニューから、「f3d」の選択肢はなくなっています。

タイプメニューから、「f3d」の選択肢はなくなっています。

データパネルを表示します。

データパネルを表示

データをダウンロードしたい、アセンブリファイルで、iアイコンをクリックします。

データをダウンロードしたい、アセンブリファイルで、iアイコンをクリックします。

「A360で詳細を開く」をクリックします。

「A360で詳細を開く」をクリックします。

ブラウザが開き、A360クラウドの管理画面が表示されます。バージョンの履歴は保存されません。 選択したバージョンのデータのみが出力されますので、以前のバージョンを出力したいときは、バージョンを指定します。

選択したバージョンのデータのみが出力されますので、以前のバージョンを出力したいときは、バージョンを指定します。

右上のメニューからダウンロードアイコンをクリックします。

右上のメニューからダウンロードアイコンをクリックします。

ファイル形式は選択できますが、Fusion360で使用する場合は、「Fusion 360 Archive」が一番便利です。

ファイル形式は選択できますが、Fusion360で使用する場合は、「Fusion 360 Archive」が一番便利です。

直接ダンロードできるわけではなく、ダウンロードできるリンク含まれるアドレスがメールで送られてきます。

直接ダンロードできるわけではなく、ダウンロードできるリンク含まれるアドレスがメールで送られてきます。

html型式のメールが届きます。アセンブリファイルのファイル形式は、「f3z」です。単一のデザインの場合は、「f3d」になります。

html型式のメールが届きます。アセンブリファイルのファイル形式は、「f3z」です。単一のデザインの場合は、「f3d」になります。

保存場所を指定して保存します。

保存場所を指定して保存します。

アセンブリファイルのファイル形式は、「f3z」には、それを構成する「f3d」ファイルの内容が含まれています。

Fusion360でこのダウンロードしたファイルを開くときは、データパネルにアップロードする必要があります。 その際、中に含まれているデータも展開されますので、新たに専用のフォルダを作成してアップロードすることをおすすめします。

新たに専用のフォルダを作成してアップロードすることをおすすめします。