読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Wolf Gartenの種まき機EA-Mを買ったので、Fusion360でモデリングしてみます。(その3:軸カバーの止め輪)

広告

軸カバーの部品の1つです。材質は、軟質ゴムです。

モデリングは、どうモデリングするか少し悩みました。 一度、モデリングの方法を理解してしまえば、次から似たような形状をモデリングする際に悩まずにすみます。

「軸カバーの止め輪」完成画像

 

止め輪をモデリングします。

スケッチを作成します。

スケッチを作成

平面を選択します。

平面を選択

スケッチドロップダウンから、楕円を選択します。

スケッチドロップダウンから、楕円を選択します。

Fusion360では、楕円の挙動は特徴的です。水平・垂直拘束で、固定していないと回転してしまいます。

水平・垂直拘束で固定した楕円

構築ドロップダウンから、オフセット平面を選択します。

構築ドロップダウンから、オフセット平面を選択します。

基準平面から7.5mm離れてたオフセット平面を作成しました。

基準平面から7.5mm離れてたオフセット平面を作成しました。

スケッチを作成します。

スケッチを作成

オフセットした平面を選択します。

オフセットした平面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

ロフトで2つのスケッチから立体を作成します。

ロフトで2つのスケッチから立体を作成します。

修正ドロップダウンから、シェルを選択します。

f:id:kukekko:20160322105900p:plain

除去面を指定して、シェルを実行します。

除去面を指定して、シェルを実行します。

スケッチを作成します。

スケッチを作成

穴の形状のスケッチを作成します。

穴の形状のスケッチを作成します。

穴の形状のスケッチを押し出します。

穴の形状のスケッチを押し出します。

選択した面にスケッチします。

スケッチする平面を指定します

スケッチを作成します。

スケッチを作成します。

構築ドロップダウンから、オフセット平面を選択します。

オフセット平面

オフセット平面を作成します。

オフセット平面を作成します。

タイムラインから、穴を開けるのに使用したスケッチと穴を開けた押し出しを一番後ろに移動します。

タイムラインでフューチャーを移動します

移動したスケッチのスケッチ平面を作成したオフセット平面に移動します。f:id:kukekko:20160322110425p:plain

フューチャーを移動した後の状態です

タイムラインを「穴を開けた押し出し」の前に移動します。

タイムラインを「穴を開けた押し出し」の前に移動します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

作成ドロップダウンから、ロフトを選択します。

2つのスケッチを選択し、ロフトを作成します。

2つのスケッチを選択し、ロフトを作成します。

スケッチを作成します。

スケッチを作成

スケッチする平面を選択します。

スケッチする平面を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

立体とスケッチ平面の交差する形状を取得します。

投影/含める」から「交差」を選択します。

スケッチを作成します。

スケッチを作成します。

スケッチ平面を指定します。

スケッチ平面を指定します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

スケッチドロップダウンから、「投影/含める」、「交差」を選択します。

立体とスケッチ平面の交差する形状を取得します。

立体とスケッチ平面の交差する形状を取得します。

スケッチを作成します。

スケッチを作成します。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。

作成ドロップダウンから、スイープを選択します。

操作で、結合を選ぶとエラーが発生するので、新規コンポーネントを選択します。

結合を選ぶとエラーが発生するので、新規コンポーネントを選択します。

同じように、もう1方のスケッチについてもスイープで立体にします。

スケッチをスイープで立体にします。

それぞれ、ミラーで反対側にも形状を作成します。

ミラーで形状を作成します。

もう一方も、ミラーで形状を作成します。

ミラーで形状を作成します。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

修正ドロップダウンから、結合を選択します。

コンポーネントとボディを結合します。

コンポーネントとボディを結合します。

エラーが発生するので、操作を諦めます。 楕円が含まれる形状は、Fusion360(2.0.1939)では、原因不明のエラーが多発します。 おそらく計算制度の問題に由来するのだと思います。

エラーが発生するので、操作を諦めます。

モデルに、色を付けるために、レンダリング作業スペースに移動します。

外観を選択し、ライブラリから、「ペイント」、「パウダーコート なめらか」から、「パウダーコート(黃)」をドラッグ&ドロップします。 右のアイコンは、ダウンロードされていないことを示すので、ダウンロードしてから、ドラッグ&ドロップします。

「パウダーコート(黃)」をドラッグ&ドロップします。

シーンの設定から、背景色と明るさを調整します。完成です。

完成形状の画像

反対側です。

完成形状の裏側の画像