読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360のヘルプ「スカルプ:Sculpt」を翻訳する。

広告

Fusion360は、立体を押したり、引っ張ったりして、粘土細工の様に、自由曲面を作成できるスカルプ機能が利用できます。 画像制作や立体フィギュアのために利用する3D-モデラーと厳格な寸法指定により立体を作成する3D-CADの機能の両方を利用して、 モデリングを行うことができます。

 

パソコンに、「子守」をさせるのに良さそうな機能です。 一通り機能を覚えたら、パソコンに子供のお守りを任せることができるかもしれません。

ここには、3つのチュートリアルが用意されています。

翻訳

スカルプ

Sculpt(原文)

Fusion 360でスカルプすると、T-スプライン技術を活用することによって、直観的な自由形態をもつ自然な立体と表面の作成ができます。 スカルプ作業スペースでは、あなたは、素早く、細分化された表面を、押したり、引っ張ったりして形状を探求します。 この3次元モデリングへの「実践的」な方法は、Fusion 360で、素早い繰り返し、そして、初期段階での概念化をすることができます。 スカルプ形状は、ソリッド・ボディに簡単に変換されます。そして、Fusion 360のソリッド・モデリング・コマンドと一緒に使用することができます。 T-スプラインでのモデリングは、 他のどんな分割操作-モデリング・ツールとも異なっています。T-スプラインの主な利点の一つは、 必要な細部だけを追加する機能です。-単一のT-スプライン面は、依然として高い詳細な領域を持ちながら、 そして、操作が簡単なまま、極めて滑らかです。

データセット

Dataset

Samples > Basic Training > 03_Sculpting_Introduction.f3d.

デザインを開き、続いて、レッスンを完了するために、手順に従ってください。

レッスン

Lessons

レッスン解説完了するための、およその時間
T-スプライン形状を作成する

「T-スプライン形状を作成するLesson 1: Creating T-Spline Forms」Fusion360のヘルプを翻訳する。 - ドローイング空間

一連の異なるT-スプライン形状の種類を作成することを学びます。 25分
T-スプライン形状を変更する

「T-スプライン形状を変更するLesson 2 Modifying a T-Spline Form」Fusion360のヘルプを翻訳する。 - ドローイング空間

移動、回転、拡大縮小だけでなく、ジオメトリを追加して、稜線を挿入することを学びます。 20分
参考画像を使用して、T-スプライン形状を作成します。

「参考画像を使用して、T-スプラインを作成します。Lesson 3 Creating a T-Spline using a Reference Image」Fusion360のヘルプを翻訳する。 - ドローイング空間

このレッスンでは、私たちは、ナイフ本体の外形を形づくる、 T-スプライン体をスカルプする参照として、ユーティリティ・ナイフの側面図の写真を使用するでしょう。 20分