読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360のヘルプ「基本的なトレーニングの概要(Basic Training Overview)」を翻訳する

広告

Fusion360は、個人やスタートアップでは、無料で利用できます。 使っていると「CATiA」や「Creo Parametric(Pro/Eの後継製品)」が、高額でも使われている理由を実感します。 個人では、無料で使えますので、無料で利用できる3D-CADに触りたい人には、 「Creo Elements/Direct Modeling Express」 や「DesignSpark Mechanical」、「FreeCAD」などと並び、有力な選択肢になります。

ほぼ、無料で利用できるCADは特に、日本語のドキュメントが無いので、英語のドキュメントをちまちまと読み解いていくか、 ユーザーインターフェースから、使用方法を類推して使用して行くかになります。

類推して使用していくのは、限界があるので、たとえ、英語でもドキュメントやチュートリアルを使用して理解していく必要があります。 ただ、設計用語とコンピュター用語、場合によっては数学用語が混在していますので、ある程度単語になれないと、読みにくいという問題があります。

 

前回見た、Fusion360の公式チュートリアル、「Get started with Fusion 360」は、ダイジェスト動画の構成でしたので、 実際にFusion360で、モデリングしたい用途には、あまり向いていませんでした。

Fusion360の公式チュートリアル、「Get started with Fusion 360」 - ドローイング空間

そこで今回、初心者向けの入門ページの目次に当たるFusion360のヘルプ「基本的なトレーニングの概要(Basic Training Overview)」を訳すことにします。

では、関連ドキュメントを確認していきます。

前回見た、Fusion360の公式チュートリアル、「Get started with Fusion 360」は、ダイジェスト動画の構成でしたので、 実際にFusion360で、モデリングしたい用途には、あまり向いていませんでした。

そこで今回、初心者向けの入門ページの目次に当たるFusion360のヘルプ「基本的なトレーニングの概要(Basic Training Overview)」を訳すことにします。

 

「基本的なトレーニングの概要(Basic Training Overview)」の訳

基本的なトレーニングの概要

Basic Training Overview(原文)

Fusionチームは、各々のレッスンで、Fusion 360の、中心的な作業の流れを、あなたに、ざっと説明する一連のChapterを組立てました。 これらの作業の流れは、Fusionで設計することを、初心者から、習熟するまで、あなたを助けるでしょう。Chapterは、互いに独立しています。; それで、あなたは、あなたの興味次第で、どんな順序でも、それらを行うことができます。

Chapter

Chapters

Chapter 解説およその時間
方針の説明

Fusion360のヘルプ「方針の説明(Getting Oriented)」を翻訳する - ドローイング空間

読む | 見る

1: Tour of the Interface - YouTube

Fusionのユーザー・インターフェイスと作業スペースについて学びます。 30分
スケッチ

Fusion360のヘルプ「スケッチ(Sketch)」を翻訳する - ドローイング空間

ビデオ・レッスン

重要な概念を取り扱います。例えば、スケッチ概念と考慮すべき問題と設計意図。

スケッチ・ツール 、例えば、線、矩形、フィレット、オフセットとプロジェクト

スケッチの練習、例えば、寸法、拘束と完全に定義したスケッチ。

100分
 

Fusion360のヘルプ「演習:スケッチを作成する:Exercise: Creating a Sketch」を翻訳する。 - ドローイング空間

Fusion360のヘルプ「演習:構造ジオメトリーと拘束を使用する:Exercise: Using Construction Geometry and Constraints」を翻訳する。 - ドローイング空間

実際の演習 概念を伝えるために、スケッチを作成し、構造ジオメトリー演習を使用して、ツールと使用する練習を行います。 20分
スカルプ

Fusion360のヘルプ「スカルプ:Sculpt」を翻訳する。 - ドローイング空間

読む | 見る T-スプラインを使用して、自然な形状を作成します。 65分
モデリング

「モデリング Modeling」Fusion360のヘルプを翻訳する。 - ドローイング空間

読む | 見る プリズム状のデザインを作成するために、履歴に基づくモデリング手法を使用します。 30分
管理と共同作業

「管理と共同作業 Manage and Collaborate」Fusion360のヘルプを翻訳する。 - ドローイング空間

読む | 見る プロジェクトを管理し、デザインのバージョンを作成し、あなたの設計業務を共有します。 25分
アセンブリ

「アセンブリ Assemblies」Fusion360ヘルプを翻訳する - ドローイング空間

読む | 見る アセンブリを構築し、モーション・スタディを作成するために、互いにコンポーネントを配置します。 25分
レンダリング 読む | 見る カメラ、照明、テクスチャーとシェーディングで、あなたのデザインの画像を作成します。 40分
描画 読む | 見る 2Dの製造図面を作成し、PDFとDWGドキュメンテーションを作成します。 50分
CAM 読む | 見る あなたのデザインを製造するための、設定とツール・パスを作成します。あなたのデザインを生じるために、セットアップ・シートとNCコードを作成します。 30分
アニメーション 読む | 見る アセンブリの分解立体図とアニメーションを作成します。 30分
シミュレーション 読む | 見る それが必要な基準を満しているか、確認するために、あなたの設計をシミュレーションします。 20分

レッスン・データセットを取得する方法

Fusion 360トレーニング・レッスンを完了するために、必要なデータセットの全ては、ソフトウェア内からアクセスできます。 それらに、アクセスするために、次の手順を使用します。:

データ・パネルが、現在、表示されていない場合、スクリーンの一番上のデータ・パネル・アイコンを表示する(データ・パネル・アイコンを表示する)をクリックします。 データ・パネルは、プログラム・ウィンドウの左側に表示されます。

データ・パネルの最上位(ホーム・ビュー)は、2つのサブセクションに分割されています。 -プロジェクトとサンプル。サンプル・リストを参照するために、必要に応じて、プロジェクト・リストの一番下にスクロールします。

サンプルの下で、トレーニング・エントリを見つけて、それをダブルクリックします。 データ・パネルは、現在、トレーニング・レッスン・データセットが含まれているフォルダのリストを表示しています。 フォルダ名は、関連するトレーニング・レッスン名と一致しています。

備考

このFusion 360 Training webページを開き、Trainingエントリーの中で、リンクをクリックします。 データセットにアクセスするために、Trainingエントリー(webページ・リンクででなく)で、どこか他の所をダブルクリックします。

データセットにアクセスするために、Trainingエントリー(webページ・リンクででなく)で、どこか他の所をダブルクリックします。

利用できるモデル・ファイルのリストを確認するために、関心あるフォルダを見つけて、それをダブルクリックします。 いくつかのレッスンは、一つのデータセットだけが、含まれています。その他は、複数のデータセットが含まれています。

備考

一つのデータセットが、Chapter内のすべてレッスンで使用された時、データセットは、Chapterの紹介ページ内で指定されています。 独自のデータセットが、Chapter内の異なるレッスンのために使用されるとき、 各々のデータセットは、それが使用される最初のレッスン・ページで指定されています。

次のChapterでは、Fusion 360インターフェイスと方向ツールに関する情報を取り扱います。