読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドローイング空間

3D-CADを中心に、雑多なことをかいています。

Fusion360で、カッターナイフ・フォルダーをモデリングする。その4スライド

広告

今回は、ギザギザの繰り返し形状は、スケッチでは、単位形状のみを作成し、立体でパターン化して作成しました。

カッターナイフのスライドの完成形状

 

モデリング

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択し、押し出します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択し、押し出します。

スケッチ平面を選択します。

スケッチ平面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

押し出して、削除します。

押し出して、削除します。

スケッチする平面を選択します。

スケッチする平面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択します。

スケッチする平面を選択します。

スケッチする平面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

スケッチドロップダウンのミラーで複写します。

スケッチドロップダウンのミラーで複写します。

同じ形状が連続する場合、パターンで形状を複写するのですが、スケッチで、パターン化するのか、モデルにしてから、パターン化したほうがいいのか悩みます。 Fusion360では、スケッチでパターン化したほうが、立体にしてからパターン化するよりも、パソコンの動作が遅くなります。

スケッチで、パターン化して複雑な図形にしてから押し出したほうが、個人的には、理解がしやすくて好きですが、ここでは、立体にしてから押し出して見たいと思います。

スケッチを閉じて完成させます。

スケッチを閉じて完成させます。

作成ドロップダウンの押し出しを選択して、削除します。

作成ドロップダウンの押し出しを選択して、削除します。

作成ドロップダウンのパターン、矩形状パターンを選択します。

パターンタイプで、パターン面を選択し、パターンコピーする面を1つ1つ選択していきます。

方向は、コピーする方向を示す稜線を選択します。

Distance Typeで、間隔と個数で指定したいので、Spacingを選択します。

Distance Typeで、間隔と個数で指定したいので、Spacingを選択します。

パターン化できました。スケッチする面を選択します。

スケッチする面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択し、削除します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択し、削除します。

作成ドロップダウンから、ミラーでコピーします。

作成ドロップダウンから、ミラーでコピーします。

スケッチする面を選択します。

スケッチする面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、押し出します。

作成ドロップダウンから、押し出します。

スケッチする面を選択します。

スケッチする面を選択します。

スケッチします。

スケッチします。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択し、削除します。

作成ドロップダウンから、押し出しを選択し、削除します。

完成です。

完成です。

色を付けるために、レンダリング作業スペースに移動します。外観を選択し、ライブラリから、プラスチック、不透明、マット(白)をモデルにドラッグ&ドロップします。

プラスチック、不透明、マット(白)をモデルにドラッグ&ドロップします

シーンの設定から、背景色を選択し、明るさを調整します。

完成です。

カッターナイフのスライドの完成形状